おすすめのワイヤレスイヤホン5選!有線から解き放たれよう

2017年10月4日
[最終更新日]2017年10月04

iPhone 7からイヤホンジャックが無くなり、しばらく経ちますが、最近は徐々に「ワイヤレスイヤホン」が浸透してきているような気がします。そんな中、「私もワイヤレスイヤホンデビューをしたいけど、どれを選んだら良いか分からない」という人はいるかもしれません。

そこで今回は、「おすすめのワイヤレスイヤホン5選」をご紹介します。手の出しやすい低価格のエントリーモデルから、音質にこだわる高価格のハイエンドモデルまでを揃えました。それでは参りましょう。

Ads by Google

おすすめのワイヤレスイヤホン1. AirPods

1つ目のおすすめのワイヤレスイヤホンは「AirPods」です。

ワイヤレスイヤホンの代名詞と言えば、やはりアップル純正の「AirPods」ですね。AirPodsは2016年末に登場したのですが、あまりの人気さゆえに今でも品薄状態が続いているようです。AirPodsは左右のイヤホンが独立した完全なワイヤレス仕様で、充電は専用のケースで行います。2017年からは、Qi充電に対応したAirPodsケースも登場するとのことで、ますます使い勝手が良くなるようです。

価格は高めですが、米国では左右独立型ワイヤレスイヤホン市場の8割以上をAirPodsが占めているとも言われており(参考: 強すぎるぜ、AirPods。左右独立型の無線イヤホン売上シェアの85%を取得していた)、この勢いは留まるところを知らないようです。

おすすめのワイヤレスイヤホン2. SoundPEATS(サウンドピーツ)

2つ目のおすすめのワイヤレスイヤホンは「SoundPEATS(サウンドピーツ)」です。

サウンドピーツは無名の中国メーカーが販売するワイヤレスイヤホンなのですが、わずか¥3,000未満の価格帯ながら、最大6時間のバッテリーとBluetooth 4.1を搭載し、音質もそこそこ良いということで高い人気を誇っている製品です。とにかく値段が安くコスパが良いので、ワイヤレスイヤホンの入門機としての利用にオススメです。

おすすめのワイヤレスイヤホン3. TAROME Bluetooth イヤホン ワイヤレス

3つ目のおすすめのワイヤレスイヤホンは「TAROME Bluetooth イヤホン ワイヤレス」です。

TAROMEのワイヤレスイヤホンは、AirPodsのような左右独立型でありながら、価格はわずか¥4,000未満という低価格が実現しています。独立型のワイヤレスイヤホンは使ってみたいけど、AirPodsはさすがに高すぎるという人には、まさにうってつけの製品です。

おすすめのワイヤレスイヤホン4. Bose SoundSport Free wireless headphones

4つ目のおすすめのワイヤレスイヤホンは「Bose SoundSport Free wireless headphones」です。

ヘッドホンやスピーカー界におけるキングとも言えるあのボーズの左右独立型ワイヤレスイヤホンです。このイヤホンはボーズ独自の技術により、音量に合わせて自動でイコライザーを調整する機能を備えているそうです。そのため、どの音量で聴いても迫力のサウンドを実現できるとのこと。さらに、防滴仕様でバッテリーは5時間再生、専用ケースを使えば2回フル充電が可能なようです。「AirPodsでは音質に物足りない!」という人でも、ボーズのワイヤレスイヤホンなら納得の音質が得られるのではないでしょうか。

おすすめのワイヤレスイヤホン5. Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX

5つ目のおすすめのワイヤレスイヤホンは「Beats by Dr.Dre ワイヤレスイヤホン BeatsX」です。

ビーツXは、アップルのW1チップを搭載しているので、iOSデバイス間でスムーズな接続を実現できます。iPhoneやApple Watchを使っていて、かつワイヤレスイヤホンは左右独立していないタイプの方が良いという方にはこのビーツXがとてもオススメです。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「おすすめのワイヤレスイヤホン5選」をご紹介しました。

これからワイヤレスイヤホンを始めて買うという方は、まずは低価格のエントリーモデルを選ぶのがベターだと思います。低価格のモデルでも音質が十分に良いので、これで満足される方も多いかもしれません。

もちろん、お財布に余裕がある方は、AirPodsやBeats X、そしてBose SoundSport Free wireless headphonesを選んでより快適で高音質なワイヤレスイヤホン体験をするのも良いと思います。

さあ、皆さんもワイヤレスイヤホンデビューをして、有線の煩わしさから解き放たれましょう。

Ads by Google