iTunes Storeの音楽配信はもういらない?Apple Musicへ一本化すべきか

2017年10月23日
[最終更新日]2017年10月24日

音楽ストリーミングサービスの「Apple Music (アップル・ミュージック)」が始まってから2年以上経ちました。

最近は「Spotify (スポティファイ)」などの他社サービスも人気を集めており、音楽ストリーミングを楽しむ人が増えているのではないでしょうか。

そんな中、徐々にその名を忘れ去られつつあるのが、「iTunes Store (アイチューンズ・・ストア)の音楽配信」です。

「iTunes Storeの音楽配信」は、ダウンロード音楽配信のパイオニアとして、かつてはiPodの人気とともに一斉を風靡しましたが、音楽ストリーミング全盛の今においては、もはや時代遅れとなりつつあります。

そこで今回は、「iTunes Storeの音楽配信はもういらないのか、Apple Musicへ一本化すべきなのか」について見ていきましょう。

Ads by Google

iTunes Storeの音楽配信はもういらない?

現在のところ、「iTunes Storeの音楽配信」と「Apple Music」は両方運営されています。

iTunes Storeの音楽配信は従来通り、1曲¥250、アルバム1枚¥2,000程度で販売しています。そして、Apple Musicは月額¥980で4,000万曲が聞き放題です。

同じアルバムだけを何回も聞きたい人にとっては、iTunes Storeの音楽配信の方が良いのですが、ほとんどの音楽好きな人にとっては、Apple Musicを選択した方が金銭的に得になることは間違いありません。

正直言うと、現在のiTunes Storeの音楽配信は、Apple Musicでまだ配信されていない曲を手に入れるためにあるようなものです。

逆に言えば、iTunes Storeの音楽配信で配信されている全ての曲が、Apple Musicで配信されるようになれば、iTunes Storeの音楽配信は「もういらない」と言えます。

ちなみに、第4世代以降のApple TVからは、iTunes Storeの音楽配信へアクセスすることができず、Apple Musicしか利用できないようになっています。

Ads by Google

Apple Musicへ一本化すべき?

すでにApple Musicを使っているユーザーは、Apple Musicで配信済みの曲をiTunes Storeの音楽配信で買うことは絶対にありません

そして、逆にiTunes Storeの音楽配信で曲を買うことを促せば、Apple Musicへの加入率が落ちてしまうので、アップルにとっても嬉しくないことです。

こう考えると、やはりiTunes Storeの音楽配信とApple Musicは共存できないできないように思われます。

過去にiTunes Storeの音楽配信で購入した曲や、CDからリップした曲は全てApple MusicのiCloudミュージックライブラリに移行することができるので、iTunes Storeの音楽配信は段階的に終了させて、Apple Musicへ一本化させることをアップルは狙っているのかもしれません。

また、iTunes Storeの音楽配信が閉鎖されるとなれば、いまだにストリーミング配信を渋っているアーティストたちの尻を叩くことになるので、ユーザーにとって恩恵があります。

やはり時代の変化を考えると、音楽配信はストリーミングに一本化するのが良さそうですね。

Ads by Google

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「iTunes Storeの音楽配信はもういらないのか、Apple Musicへ一本化すべきなのか」についてご紹介しました。

アップルは新しいものを取り入れ、古いものを捨て去ることで成長してきた会社です。これまでも、フロッピーディスク、FireWire、HDD、DVDドライブ、USB-A端子、32bitのAppなどを切り捨てて成長してきました。

このアップルのやり方を見ると、いつiTunes Storeの音楽配信が閉鎖されてもおかしくないように思えます。

当のアップルは、iTunes Storeの音楽配信が終了することはないと声明を出しています(参考: 「iTunesでの音楽DLサービスを終了する予定はない」、アップルが異例のコメント)。

しかしながら、今後絶対に終了しないという保証もありません。もしかすると、iOS12、13あたりのアップデートで、突然「iTunes Store」が消滅することもあり得ます。4K対応したばかりの映画配信の方は「Apple Movies」などに名前を変更して継続されるのでしょうか。

音楽ストリーミングの流行によって、音楽ダウンロードの販売は、世界的に売り上げが減少し続けています(参考: 音楽ダウンロード売上、4年で50%減 ストリーミングが主役に)。アップルがこれからどういう動きを見せるのか、目が離せませんね。

Ads by Google