iPadの「Pixelmator (ピクセルメーター)」がドラッグ&ドロップに対応!

2017年10月11日
[最終更新日]2017年10月11

iPad向けの画像編集アプリの定番である「Pixelmator (ピクセルメーター)」ですが、新しいバージョン2.4より待望の「ドラッグ&ドロップ」に対応しました。

iOS11からはiPadにドラッグ&ドロップの機能が追加されてのですが、この機能を利用するためにはアプリ側の対応も必要でした。今回、「Pixelmator (ピクセルメーター)」が正式に対応したことで、これからは思う存分iPadのピクセルメーターでドラッグ&ドロップを楽しむことができるようになったわけです。

Ads by Google

iPadのPixelmator (ピクセルメーター)がドラッグ&ドロップに対応

iPadの「Pixelmator (ピクセルメーター)」は、バージョン2.4からドラッグ&ドロップの機能に対応しました。

使い方はとても簡単で、写真アプリやSafari、メールなどから画像ファイルをタップして長押し(ドラッグ)し、そのままピクセルメーターのアプリにドロップ(指を離す)すればいいだけです。逆に、ピクセルメーターの画像を外部アプリにドラッグ&ドロップすることも可能です。

これによって、例えばSafariで開いているページから画像をタップして長押しし、そのままピクセルメーターのイメージボードへ貼り付けることができます。従来までは一度画像を保存するか、タップしてコピーする必要があったので、とても効率良く画像を読み込めるようになったわけです。

私もブログの画像素材を作るのに「Pixelmator (ピクセルメーター)」を使っているので、このアップデートはまさに待望のものでした。これからの活用が楽しみです。

ダウンロードはこちらPixelmator (ピクセルメーター)

HEIFにも対応

また、バージョン2.4の「Pixelmator (ピクセルメーター)」からは、新しい画像形式である「HEIF (.heic)」の読み込みにも対応しています。

そのため、iPhone 7より新しい機種と、2017年モデルのiPad Proで撮影したHEIF形式の画像ファイルも、従来通りに読み込んで編集することができます。この対応も、多くのユーザーにとって恩恵がありそうですね。

HEIF形式の画像ファイルは、従来のJPEGと比較して同じ品質で半分以下のデータ容量に抑えられるので、HEIF対応のiPhoneやiPadをお使いの方はぜひ利用したい機能ですね。

Ads by Google

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「iPadのPixelmator (ピクセルメーター)がドラッグ&ドロップに対応」についてご紹介しました。

「iPad (Pro)」は、バージョンアップを繰り返してより便利なものへと進化し続けています。今やほとんどの作業はPCやMacを使わずに、iPad (Pro)だけで行えるようになりました。

これからiPad (Pro)がどのような進化を遂げていくのか、どれほど便利になっていくのか、とても楽しみですね。

Ads by Google