Smart Keyboardが反応しない不具合が出たので、無償交換してもらった話。

2017年9月19日
[最終更新日]2017年10月20日

今回は、「Smart Keyboardが反応しない不具合が出たので、無償交換してもらった話」をご紹介します。

私は初代iPad Pro 12.9インチと「Smart Keyboard (US)」を1年以上使っているのですが、最近Smart Keyboardの反応が悪く、キーボタンを押しても反応しなくなることが頻発していました。

そこで、症状をネットで検索してみたところ、どうやらSmart Keyboardの不具合のようで、アップルが無償修理を受け付けているとのことでした。(参考: iPad Pro用Smart Keyboardに不具合!購入3年以内は無償修理対象)。

そこで「Appleサポート」へチャットで問い合わせて症状を説明したところ、無料で交換に応じてくれました

ちなみに、自宅に新しいSmart Keyboardを届けてくれて古いものと交換するかたちだったので、アップルストアへは行かなくても大丈夫でした。

もしかすると同じ症状で困っている方もいるかもしれないので、今回はその一連の流れをご紹介していきます。

Ads by Google

私のSmart Keyboardの不具合

まずは、今回私のSmart Keyboardで発生していた不具合の症状を紹介します。

症状は、iPad ProとSmart Keyboardを接続し、文字入力にモードにしても、キータイプが正しく認識しないというものでした。

というより、どのボタンを押しても無反応だったのです。上の画像のように、Smart Keyboardを接続してもソフトウェアキーボードが表示されたりして、キーのボタンを押してもタイプができない状態でした。

その場合は、一度iPad ProからSmart Keyboardを取り外して何度か再度接続を試していると、一定時間は使えるようになるのですが、しばらくするとまたSmart Kyeboardのボタンが反応しなくなります

最初の頃は気にしていませんでしたが、この症状が割と頻繁に発生するためいい加減にストレスを感じてネットで調べるに至りました。

先ほども述べた通り、この症状はアップルも確認している不具合とのことで、記事の情報では発売開始(2015年11月頃)から3年間は無料交換を受け付けているそうです。

Ads by Google

Smart Keyboard交換までの流れ

では次に、実際に私がSmart Keyboardを交換してもらうまでの一連の流れをご紹介していきます。

ちなみに、私は「Apple Care」には入っていませんでしたが、全て無料で行ってくれました。

1. Apple サポートへチャットで問い合わせ

まずは、「Apple サポート」へチャットで問い合わせをします。ちなみに、今回のやり取りは全てチャットで可能でした。

iPad Proの「Apple サポート」のアプリを開き、製品メニューの「iPad Pro」から「iPadアクセサリ」へチャット問い合わせをします。

チャットの接続を開始すると、数分後に担当の人と繋がるので、ここからサポートチャットが始まります。

まずは何に困っているのかを尋ねられるので、「iPad ProのSmart Keyboardのボタンが反応しなくて困っている」、「再起動や着脱などはトライしたがダメだった」という内容を伝えます。

すると、「同様の不具合をアップルでも確認しているので、修理交換を実施してもいいですか」と返ってきます。これにOKすると、Smart Keyboardの「シリアルナンバー」と「購入時期」を尋ねられるので入力して返信します。

ちなみに、私は購入から1年以上経っていましたが、今回はアップル側の不具合なので無料修理に対応するとのことでした(通常は無料修理は1年以内)。

その後新しいSmart Keyboardを発送をするために、名前、住所、電話番号、メールアドレスを尋ねられます。これらを入力すると、発送手続きに入り、発送手続きが完了するとすべて完了になります。

ちなみに、対応はとてもスムーズに進んだので、チャット開始から全て完了するまで30分ほどでした。

2. 配送にて交換

チャットサポートが完了すると、登録したメールアドレスに「製品交換のお申し込み完了のお知らせ」のメールが届きます。

今回の交換修理にはいくつか条件があるらしく、配達員から新しいSmart Keyboardを受け取る際は、必ず古い方のSmart Keyboardを配達員の方に渡す必要があるとのことです。これが実行できない場合は、当然ながら新しいSmart Keyboardを受け取ることはできません。

また、交換する古いSmart Keyboardが水没していたり、物理的に損傷していた(ユーザーの利用による損傷)場合は、無料交換には応じられないとのことで、後から登録しているクレジットカードに請求するという記載がありました。

ともあれ、私の場合はチャットの完了から2日後に自宅に新しいSmart Keyboardが届きました

ちなみに、古いSmart Keyboardは特に梱包をする必要もなく、本体だけ渡せばOKということでした。

3. 新しいSmart Keyboardがやってきた

新しいSmart Keyboardは、真っ白の箱に梱包されてやってきます。新品のアップル製品を買ったときのように、ピチっとビニールに梱包されていました。

箱の中は、ビニールに包まれた新しいSmart Keyboardだけ入っています。新しいSmart Keyboardと以前のSmart Keyboardは当然同じ製品でしたが、新しい方は若干スタンド周りの作りが頑丈になっているような気がしました(気のせいかも)。

ちなみに、背面には、古いSmart Keyboardと全く同じシリアルナンバーが印字されていました。今回のシリアルナンバーの印字から梱包、発送までをわずか2日でやったとなると、やはりアップルはとんでもない会社だと思います。そしてもちろん、新しいSmart Keyboardはとても快適に使えています

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「Smart Keyboardが反応しない不具合が出たので、無償交換してもらった話。」をご紹介しました。

今回の交換までの流れはとてもスムーズだったので、私はいわゆる神対応だったと思っています。

そして無料修理と言えども、実質的には新品交換でした。また、記事の情報では、少なくとも発売から3年間、つまり2018年の11月頃まではSmart Keyboardの無料修理に応じるとのことです。

同様の症状で困っている方は、すぐに「アップル サポート」へ問い合わせてみましょう。また、これから中古のSmart Keyboardを買おうと思っている方は、初期ロットには不具合品が混じっている可能性が高いので、気をつけて購入しましょう。

Ads by Google