iPadで写真のレタッチをするなら、「Pixelmator」を使おう!

2017年9月20日
[最終更新日]2017年10月11日

今回は、「Pixelmator (ピクセルメーター)」というアプリを使って、iPad Proで写真のレタッチ(修正)をする方法をご紹介します。

写真のレタッチといえば、フォトショップが有名どころなのですが、いかんせん価格がとても高いですし、初心者には操作が複雑です。そこで、おすすめなのが「Pixelmator」なのです。PixelmatorはiPadで使えて、しかもフォトショップよりも操作がとても簡単なのが魅力です。今回は、そんな「iPadのPixelmatorを使って、写真から対象を削除するレタッチの方法」をご紹介していきます。

Ads by Google

iPadのPixelmatorを使って、写真から対象を削除するレタッチの方法


では、実際に「iPadのPixelmatorを使って、写真から対象を削除するレタッチの方法」を紹介していきます。

今回紹介する「Pixelmator」のレタッチは、アップルの広告である「iPadのHow toシリーズ」でも紹介されています。動画を見ると簡単そうにサラっとレタッチを行なっていますね。今回はこの「How to retouch a photo」で紹介されている方法を元に、さらに詳細に解説していこうと思います。

1. PixelmatorをApp Storeからダウンロード

まずは、「Pixelmator」をApp Storeからダウンロードしましょう。価格は¥600の有料アプリとなっています。iTunesのプリペードカードでチャージするか、クレジット/デビットカードを使ってApp Storeからダウンロードしましょう。

ダウンロード: Pixelmator

2. Pixelmatorで写真をレタッチ

「Pixelmator」のインストールが完了したら、実際に写真のレタッチを行なっていきましょう。

まずは「Pixelmator」を起動し、左上にある「+」のボタンを選択します。

「+」のボタンを選択したら、4つの選択肢が表示されるので、「写真」を選択しましょう。

「写真」を選択したら、あなたのカメラロールの写真が参照されるので、「レタッチしたい写真を選択」します。

「レタッチしたい写真を選択」したら、次は実際にレタッチを行なっていきます。

今回は、右の人物をレタッチして削除します。では、右上の「ペンキブラシのアイコン」を選択しましょう。

「ペンキブラシのアイコン」を選択したら、ツールのメニューが表示されるので、「レタッチ」を選択しましょう。

「レタッチ」を選択すると、タッチツールがいくつか表示されるので、「修復」を選択します。

「修復」を選択したら、「消したい対象を指でなぞります」。

この時、なぞりは一回で行うことと、対象を全て覆い尽くすことに注意してください。

「消したい対象を指でなぞる」と、なぞった対象が消えます。

一回できれいに消えてくれればいいのですが、大抵は少し残ってしまいます

対象が残ってしまった場合は、「もう一度なぞります」。

これできれいに消えれば成功です。右上の「完了」のボタンを押してレタッチを終了しましょう。

レタッチが終了したら、レタッチ(修正)した写真を保存しましょう。

右上の「共有」のボタンを開き、「Photosにコピー」を選択して写真アプリにコピーします。あとは「写真アプリ」にレタッチ(修正)された新しい写真が保存されていれば成功です。お疲れさまでした。

Ads by Google

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「iPadのPixelmatorを使って写真から対象を削除するレタッチの方法」についてご紹介しました。

このように、iPadのPixelmatorを使うことで、とても簡単に写真のレタッチができたと思います。アップルのYouTubeチャンネルでは、他にもiPadとiOS11を使った「How to動画」が紹介されているので、ぜひチェックしてみてください(参考: iPad+iOS11 How to)。さあ、あなたもiPadを使って新しいことを始めてみましょう。

Ads by Google