ネットフリックスのおすすめ映画作品100選!完全保存版

2017年8月1日

今回は「Netflix (ネットフリックス)」で配信中の映画作品の中から、おすすめの映画作品100選をご紹介します。実際に私自身が見て面白かったものや、ネットのレビュー評価が高い作品を中心に集めました。どの作品も名作でおすすめなので、「ネットフリックスは配信されている作品が多すぎてどれを見ればいいか分からない!」と悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください。それではネットフリックスのおすすめ映画作品を見ていきましょう。

Ads by Google

ネットフリックスのおすすめ映画作品100選!

ではネットフリックスのおすすめ映画作品を見ていきましょう。なるべく新旧織り交ぜて選びました。

1. シンドラーのリスト (1993)


1本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「シンドラーのリスト」です。この映画は、第二次世界大戦中のナチスドイツによるユダヤ人迫害を扱った作品です。実在するオスカー・シンドラーの逸話を元に、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化しました。ドイツ人であり、ナチス党員であったシンドラーは、自社の工場員を確保する名目で1,100人以上のユダヤ人を虐殺から救ったとされています。この映画はシンドラーとユダヤ人会計士のシュターンを中心に物語が進みます。映画の部分はモノクロで制作されています。迫害の歴史を描くために、拳銃で射殺されるシーンなど残虐なシーンを多く含んでいますので、試聴の際は考慮してください。

2. イミテーション・ゲーム (2014)


2本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「イミテーション・ゲーム」です。この映画は、コンピュータの生みの親と言われる、アラン・チューリングを題材にした物語です。舞台は第二次世界大戦中のイギリスで、数学教授をしていたチューリングはナチスドイツの暗号機「エニグマ」の解読班として極秘に雇われます。エニグマの生成パターンは1京に及ぶと言われ、人間の手作業による解読は不可能でした。そこでチューリングはマシンの開発に乗り出します…。

3. ファイト・クラブ (1999)


3本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ファイト・クラブ」です。この映画は、イケア中毒と不眠症を患っていたエリートサラリーマンの「僕」が、タイラー・ダーデンとの出会いによって大きく変わっていく物語です。ファイト・クラブというタイトルから格闘ものを連想しがちですが、実際はファイトがメインではありません。主人公の「僕」は大手勤めてコンドミニアムに住むなど、一見理想の暮らしをしていますが、物を買っても満たされないなど、現代人の心の病を象徴しています。

4. セッション (2014)


4本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「セッション」です。この映画は、伝説の音楽コーチフレッチャーと、ドラマーを志す若き青年アンドリューのスポ根物語です。音楽の才能に恵まれたアンドリューはアメリカ最高の音大へ入学し、プロの道を志します。早速フレッチャーの目にとまり選抜されますが、アンドリューを待っていたのは想像を超える壮絶な練習の日々だったのです。自分の才能を自負していたアンドリューは挫折を味わいながら食らいつきます…。

5. 英国王のスピーチ (2010)


5本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「英国王のスピーチ」です。この映画は、吃音に悩むイギリス国王ジョージ6世が、自身と葛藤しながら治療に挑む物語です。実話を元に制作された映画です。治療を担当した言語療養士ライオネルと徐々に友情を深めていく物語です。アカデミー賞4部門を受賞しました。

6. ドラゴン・タトゥーの女 (2011)


6本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ドラゴン・タトゥーの女」です。この映画は、記者ミカエルと、女ハッカーのリスベットが連続殺人の謎を解明していく物語です。原作は有名小説のミレニアムシリーズの1作品目で、タイトルのドラゴン・タトゥーの女は、リスベットのことを表してます。ルーニー・マーラの役者魂にもご注目ください。

7. マイ・インターン (2015)


7本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マイ・インターン」です。この映画は、女実業家のジェールズと、シニアインターンのベンの友情を描いた物語です。現代を象徴する若き女実業家と、時代遅れを象徴する定年退職した老人との対極を描いています。ある日ジェールズの経営するアパレル会社シニアインターンのベンが採用されます。初めはベンのおせっかいを迷惑に思うジェールズでしたが、徐々にベンの人柄に惹かれていきます。やがては心を開ける友人となっていきます。

8. ミッドナイト・イン・パリ (2011)

8本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ミッドナイト・イン・パリ」です。この映画は、脚本家の卵であるギルが、真夜中のパリで夢のような不思議な体験をする物語です。憧れのパリに婚約者と旅行にやってきたギルでしたが、彼女は芸術に関心が薄く、おまけにばったり出会った胡散臭い友人とイチャつき始めます。憧れの地を思うように満喫できずに、やさぐれたギルは一人で真夜中のパリの街へ繰り出します。12時になったとき、アンティークな1台の車が彼の前を通り、「さあ乗りな」と誘います。車に乗った彼が行き着いたのは、なんと1920年代のパリだったのです。

9. her (2013)


9本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「her」です。この映画は、離婚した独身男性が、AIであるサマンサと恋に落ちる物語です。そう遠くはない近未来の世界で、セオドアは手紙の代筆を行う仕事をしています。ある日駅の広告で新型のOSの発売を目にします。早速購入したセオドアは、自宅のPCでセットアップを済ませ、サマンサと名乗る女性の声のAIをインストールします。セオドアとサマンサは徐々に距離を縮め、互いに惹かれ始めます。

10. バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014)


10本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」です。この映画は、落ちこぼれ映画俳優がキャリア復活をかけて舞台に臨む物語です。リーガンはかつて「バードマン」として映画界のスターにのし上がりました。それも昔の話で、その後バードマン以外のヒット作にも恵まれずに、すっかり落ち目になってしまいました。復活をかけてブロードウェイの舞台に挑むのですが、急遽やってきた代役のマイクに翻弄されます…。

11. メメント (2000)


11本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「メメント」です。この映画は、妻を殺されたショックから、10分しか記憶が持たなくなった男が犯人を追う物語です。本作は「ダークナイト」、「インセプション」などで有名なクリストファー・ノーラン監督の出世作でもあります。レナードは妻が殺された前後の一切の記憶がなく、新しいことも10分で忘れてしまいます。そのため、手がかりは過去の自分が体に書いたメモと、インスタントカメラの写真です。彼の記憶を辿るように、映画の時間軸も過去へ戻っていきます。果たしてレナードは妻殺しの犯人を見つけることができるのでしょうか。

12. はじまりのうた (2013)


12本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「はじまりのうた」です。この映画は、落ちこぼれ音楽プロデューサーが、キャリア復活をかけて新人アーティストとレコーディングを行う物語です。ダンはかつて有名ラッパーなどを数々排出した敏腕プロデューサーでしたが、かれこれ5年もヒット曲に恵まれず、自身のレーベルの売上も落ち込んでいました。すっかり時代遅れになったダンのやり方をレーベルの役員は疎み、ダンを会社から追い出します。元妻には愛想をつかされ、娘は不良化するという人生のどん底に落ちていたダンがバーで出会ったのが、美しい歌声を放つグレタでした。ダンはグレタと人生をかけたリベンジに乗り出します。

13. プライベート・ライアン (1998)

13本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「プライベート・ライアン」です。この映画は、ノルマンディ上陸作戦を舞台に、ライアン二等兵を救出に向かう物語です。この映画の冒頭20分は映画史に残る戦闘シーンと言われています。また、映画自体はフィクションですが、実在する「ナイランド兄弟」がモデルになっていると言われています。

14. ターミナル (2004)

14本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ターミナル」です。この映画は、祖国の内乱によって、ニューヨークの空港から外に出られなくなった男の物語です。ビクター・ナボルスキーはある目的のために、ニューヨークを訪れました。ところが、彼の祖国クラコウジアでクーデターが発生し、一時的に国が消滅してしまいます。当然パスポートは無効化され、空港の外に出ることも、祖国に帰ることもできなくなってしまいます。ビクターは空港内に留まることを決め、彼のターミナル生活が幕を開けるのでした。

15. きみに読む物語 (2004)

15本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「きみに読む物語」です。この映画は、「苦難を乗り越えて結ばれる男女の物語」を、老婆に読み聞かせる老人の物語です。ある療養施設にて、老婆の元にきたのは本読みをする老人でした。老人はノートを開き物語を語り始めます…。16歳のノアとアリーは身分違いの恋に落ちます。ところが彼らの仲は彼女の両親によって引き離されます。時は流れ、アリーが実業家との婚約を決めた頃、2人は再会し、また恋に落ちます。そしてもう離れることはないと誓うのでした…。ここまでのストーリーを老人が読んだとき、老婆はあることに気がつきました。

16. ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (2011)

16本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」です。この映画は、9.11で父を失ったオスカーが、父の残された手がかりを元に答えを探しに行く物語です。トーマスとオスカーは仲良し親子でした。オスカーはよく父と調査探検という宝探しゲームをやって遊んだものです。そんな時間を引き裂いたのは、あの同時多発テロでした。父を亡くしたオスカーは空虚な時間を過ごします。1年が経ったある日、父の部屋で「Black」と書かれた謎の鍵を発見します。「これは父の残したメッセージかもしれない」、そう思ったオスカーはニューヨーク内の全てのブラック家を訪ねて回る旅に出かけるのでした。

17. ゴーン・ガール (2014)

17本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ゴーン・ガール」です。この映画は、ある日妻が失踪し、徐々に殺人の容疑者にされていく夫の物語です。ある日、ニックが帰宅すると妻エイミーの姿がありませんでした。すぐに通報したものの、警察はある異変に気付き始めます。やがてニックがエイミーを殺害したと思われる証拠が続々と見つかるのです。はじめは同情的だったマスコミも、徐々にニックに疑いの目を向け始めます。果たしてエイミーはどこへ消えたのでしょうか。真実は…?

18. 鑑定士と顔のない依頼人 (2013)

18本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「鑑定士と顔のない依頼人」です。この映画は、カタブツ鑑定士の男が、謎に満ちた依頼人の女性に恋をする物語です。ヴァージルは一流の美術鑑定士として名を馳せていました。彼は独身ですが、名画コレクションの中の女性たちに囲まれることで幸福に暮らしていたのです。ある日ヴァージルの元へクレアという女性から依頼の電話が入ります。依頼人の屋敷へ赴くものの、依頼人のクレアは一向に姿を見せません。なんでも彼女は広場恐怖症を患っており、人前に姿を表せないそうです。ヴァージルは謎に満ちた彼女に興味を持ち始め、やがて惹かれていきます。果たしてクレアに隠された秘密とは…?

19. グラディエーター (2000)

19本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「グラディエーター」です。この映画は、古代ローマ帝国の英雄マキシマスが、グラディエーターとなって復讐に乗り出す物語です。マルクス・アウレリウス帝の時代、ローマ帝国は繁栄を極めていました。しかし、皇帝は息子コモドゥスに不信感を抱いており、皇帝の座は将軍のマキシマスに継がせることにしたのです。これを不服に感じたコモドゥスはアウレリウス帝を殺害し、自ら皇帝を名乗ります。憎きマキシマスは部下に暗殺させ、彼の妻と息子も惨殺しました。しかし、マキシマスは死んではいませんでした。彼は復讐心を胸にグラディエーターとなってローマへ戻ってくるのでした…。

20. E.T. (1982)

20本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「E.T.」です。この映画は、地球に取り残された宇宙人と少年の友情物語です。ある宇宙人たちが、地球の植物サンプルを回収するためにやってきます。しかし人間に見つかり、急いで地球を後にしますが、仲間の1人E.T.が地球に取り残されてしまいます。宇宙人はある民家に隠れますが、そこで少年エリオットと出会い、友情を深めていきます。果たして、E.T.は無事に帰ることができるのでしょうか…。

21. マダム・イン・ニューヨーク (2012)

21本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マダム・イン・ニューヨーク」です。この映画は、英語コンプレックスを持つインド人女性が、ニューヨークで成長していく物語です。近年インドで拡大している英語至上主義と、女性の社会進出を扱う作品です。サティシュはインドの地方出身の母親です。夫と子どもたちは英語が難なく話せますが、彼女はヒンディー語しか話せません。そのことで度々娘からバカもにされる日々を過ごしていましたし、女は家にいるものという古い考えにも苦しめられていました。ある日サティシュはニューヨークに住むいとこの結婚式に呼ばれ、単身で渡米することになります。ところがニューヨークに降り立った彼女は、コーヒー店でろくに注文もできずに大恥をかいてしまいます。悔しさと情けなさに満ちた彼女は語学学校へ通うことを決意し、そこで仲間たちと英語を学んで成長していきます。

22. アビエイター (2004)

22本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「アビエイター」です。この映画は、実在の大富豪ハワード・ヒューズの生涯を描いた物語です。1920年代、資産家の息子であったハワードは莫大な金をつぎ込んで映画制作に没頭します。また、大の飛行機好きでもあったため、ヒューズ・エアクラフトを創業するなど、飛行機開発にも乗り出します。私生活では女遊びを満喫するなど、誰もが羨むセレブ生活を満喫していると思いきや…?

23. レオン (1994)

23本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「レオン」です。この映画は、一流の殺し屋レオンと家族を殺された少女の物語です。レオンはニューヨークで腕の立つ殺し屋として暗躍していました。ある日同じアパートに住む少女マチルダが汚職警官に家族を皆殺しにされます。最悪の事態を免れたマチルダでしたが、居場所を失い、レオンに助けを求めます。レオンはマチルダを一時的にかくまったものの、その後彼女を殺すことを決意します。しかし、それはできませんでした。次第に2人は信頼関係を気づいていき、ある日マチルダは弟を殺した汚職警官の復讐に乗り出します。

24. フォレスト・ガンプ (1994)

24本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「フォレスト・ガンプ」です。この映画は、IQの低いフォレスト・ガンプが、アメリカの歴史的な出来事に巻き込まれながら次々に成功していく物語です。フォレストはアラバマの小さな町に生まれた。子ども時代からIQが低くうすのろでしたが、足の速さが認められて大学のラグビー部へ推薦されます。フォレストは大学ラグビーで大活躍し、全米代表に選出、ケネディ大統領にも会います。その後ベトナム戦争が始まり、フォレストも兵士に志願。軍隊の仕事は性に合っていて、上官に認められます。戦場ではお尻に銃弾をくらったものの、見事に生還し英雄になります。終戦後は趣味の卓球で全米代表に選ばれ、中国との親善試合に参加し、一躍時の人に。このようにフォレストの人生は不思議な成功が続いていきます。

25. それでも夜は明ける (2013)

25本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「それでも夜は明ける」です。この映画は、騙されて12年間アメリカ南部で奴隷として働かされた男の実話を元にした物語です。まだ奴隷制度の残っていた1841年のアメリカ。北部でバイオリニストとして活躍するソロモンでしたが、ある日2人の商人に騙されて南部に連行されます。南部に連れてこられたソロモンは奴隷として人身売買され、プランテーションでの強制労働が始まります。「自分は自由黒人だ」と訴えても相手にされず、この地獄のような生活は12年間も続きます…。

Ads by Google

26. 最強のふたり (2011)

26本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「最強のふたり」です。この映画は、事故で脊髄損傷になった大富豪フィリップと、スラム出身の黒人青年ドリスの友情物語です。ある日フィリップは新しい介護人を募集していました。そこへ現れた男ドリスは、最初から失業手当目的で働く気はなく、フィリップに対しても「座ったままでいいから」とジョークを飛ばし、障害者として容赦しない性格でした。しかしこの一見失礼な態度がフィリップには嬉しかったようです。ドリスはフィリップを対等な人間として扱った唯一の人物だったのです。ドリスは介護人に採用され、文句を言いながらも仕事をこなしていきます。そこから最強のふたりの友情物語が始まるのでした。

27. インセプション (2010)

27本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「インセプション」です。この映画は、ターゲットの夢の中に侵入して、アイデアを植え付ける物語です。コブの仕事は、夢の中に侵入し、アイデアを盗む(エクストラクト)ことです。ところが、ある日ターゲットのサイトーに気づかれてしまい、仕事は失敗します。トンズラしようとしたコブでしたが、サイトーに捕まりある仕事を持ちかけられます。それは敵対する企業の跡取り息子に、今までとは逆の、アイデアを「植え付ける(インセプション)」ことでした。コブは仕事を引き受け、仲間を集めます。そして空前のインセプションが始まるのでした。

28. ソーシャル・ネットワーク (2010)

28本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ソーシャル・ネットワーク」です。この映画は、フェイスブック創業の物語です。マーク・ザッカーバーグはハーバード大学に通う学生でした。ある日マークは彼女のエリカに振られ、酔った勢いで学生寮のサーバーにハッキングして女子学生の写真をダウンロードし、彼女らを格付けする「フェイスマッシュ」のサービスを数時間でつくってしまいます。フェイスマッシュは一晩で瞬く間に拡散し、ハーバードのサーバーがダウンするほど利用されます。この一件でマークは半年間の保護観察処分を受けますが、マークの才能に目をつけた資産家の息子ウィンクルボス兄弟が、「ハーバード学生のソーシャルメディアを作らないか」と誘います。承諾したマークは独力でフェイスブックを完成させますが、後でウィンクルボス兄弟と訴訟問題に発展していきます…。

29. マネーボール (2011)

29本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マネーボール」です。この映画は、弱小プロ野球チームが、マネーボール理論を用いて勝利に向かう実話を元にした物語です。ビリーは鳴り物入りでプロ野球選手果になったものの、まるで結果を上げられず、落ち目となって選手を引退します。彼はキャリア復活をかけてオークランド・アスレチックスのゼネラルマネジャーに就任し、シーズンの準備を始めます。金も選手も集まらない弱小チームに頭を悩ませていたビリーでしたが、ピーターとの出会いで全てが変わります。ピーターは統計学をもとにした、いわゆる「マネーボール理論」でチーム改革を提案し、ビリーとともにアスレチックスをリーグ優勝へ導いていきます…。

30. グッド・ウィル・ハンティング (1997)

30本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「グッド・ウィル・ハンティング」です。この映画は、天才的な頭脳を持ちながら、手のつけられない不良青年だったウィルの更生物語です。ある日ハーバード大学の数学の講義で難問が出されます。廊下に掲載されていた黒板にはその回答が見事に記されていました。ところが、回答者は授業で名乗り出なかったので、教授はさらなる難問を提示します。すると、掃除係の青年が黒板に正解を書き込む姿を目にします。その青年こそが、ウィル・ハンディングだったのです。教授はウィルに目をつけますが、彼はとんでもない不良で、暴力事件を起こして捕まってしまいます。教授はウィルの更生を条件に釈放し、旧友にカウセリングを頼むのでした…。

31. ショーシャンクの空に (1994)

31本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ショーシャンクの空に」です。この映画は、冤罪で終身刑になった元銀行家の男が、希望を求めて戦う物語です。この映画は原作こそ巨匠スティーブン・キングですが、公開時は興行的にで失敗します。ところが、レンタルビデオで火がつき有名になり、今では名作映画ランキングの常連になっています。アンディは銀行で副頭取を務める真面目な男でした。ある日妻容疑の疑いで有罪判決が下り、ショーシャンク刑務所へ投獄されます。ショーシャンクでレッドなどの友人と親しくなりますが、アンディをおもしろく思わない連中も多っかたのです。アンディはショーシャンクの中で希望を求め続けます…。

32. パルプ・フィクション (1994)

32本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「パルプ・フィクション」です。この映画は、様々なマフィアのストーリーが交差するオムニバス形式の映画です。タランティーノ監督の代表作でもあります。

33. アメリカン・ビューティー (1999)

33本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「アメリカン・ビューティー」です。この映画は、アメリカ社会の抱える家庭の問題を描いた映画です。レスターは真面目な会社員で家族のために働いていました。しかし妻は不動産王と浮気に走り、娘は反抗期。隣人は退役軍人のいかれたオヤジと盗撮が趣味の息子が住んでいました。ある日レスターは娘の友人に恋をします。それから体を鍛え、内的にも強気になって妻に反発し始めます。そこから家庭崩壊の道が始まるのでした…。

34. 愛を読むひと (2008)

34本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「愛を読むひと」です。この映画は、あるドイツ人女性と青年の物語です。ドイツに住むマイケルは、ある日体調を崩して裏通りで動けなくなります。そこを通りかかったハンナに介抱されて体調を回復します。マイケルはハンナの元へ通うようになり、やがて恋に落ちます。ハンナはマイケルの「朗読」が好きでしたが、その時は理由がわかりませんでした。やがて第二次世界大戦が激化し、ハンナはマイケルの前から姿を消します。やがてマイケルは大学へ進んで法学を専攻するのですが、終戦後、2人は思わぬ形で再開することになります…。

35. マネー・ショート (2015)

35本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マネー・ショート」です。この映画は、リーマンショックの到来を事前に見抜いていた4人の男が大儲けする物語です。2004年頃、アメリカの住宅価格とそれにともなう債権はバブルを迎えていました。しかし、実態は返済できないサブプライムローンによるものでした。いずれバブルが崩壊すると踏んだマイケルはあるものを売り始めます…。

36. トゥルーマン・ショー (1998)

36本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「トゥルーマン・ショー」です。この映画は、ある島に住む会社員の男が、彼の住む世界の矛盾点に気づき始める物語です。トゥルーマンは保険会社で働く普通の男でした。彼は何不自由なく平和な日々を送っていました。ある日彼は亡くなったはずの父を街で見かけます。その頃から世界の違和感に気づき始めます。そう、彼の住む世界は作られたセットの中で、人物は全て役者。彼の生活はテレビ番組として放送されていたのでした…。

37. ゴッドファーザー (1972)

37本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ゴッドファーザー」です。この映画は、繁栄を極めたマフィアのドンが襲撃され、その報復のため抗争が始まる物語です。原作、映画ともに人気の高い作品で、公開当時はもちろん、今でも世界中から名作として扱われている映画です。

38. キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)

38本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」です。この映画は、天才詐欺師とFBIの追いかけっこ物語で、実話が元になっています。フランクは16歳で詐欺を始め、パンナムのパイロットに扮して小切手偽装詐欺を行ったり、医者や弁護士になりすましていました。そんなフランクを追いかけるのがFBIのカールでした。

39. ウルフ・オブ・ウォールストリート (2013)

39本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」です。この映画は、ウォール街のウルフと呼ばれたジョーダン・ベルフォートの実話を元にした物語です。ジョーダンはペニー株を売りつける詐欺まがいの事業で成功し、一気にウォール街でのし上がります。彼の会社では違法すれすれのことを繰り返して売上を拡大していきます。ところが、やがてFBIの目にとまり…。

40. エターナル・サンシャイン (2004)

40本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「エターナル・サンシャイン」です。この映画は、記憶を消して別れた男女が再開する物語です。ジョエルはいつものように目覚め、いつものように会社へ向かいます。しかし、なぜか急に海へ行きたくなり、仕事をサボって海へ。そして、そこで出会った風変わりの女性クレメンタインと仲良くなります。実は彼らは初対面ではなかったのです…。

41. タクシードライバー (1976)

41本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「タクシードライバー」です。この映画は、タクシードライバーの男が自暴自棄に陥り、テロリストへ変貌していく物語です。退役軍人のトラヴィスはニューヨークのタクシーの運転手として就職。彼は社交性に欠け、空虚な毎日を過ごし、欲にまみれるニューヨークの街にも嫌気がさしていました。ある日選挙事務所で働くベッツィーに一目惚れし、トラヴィスは変わっていきます。ところが…。

42. ユージュアル・サスペクツ (1995)

42本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ユージュアル・サスペクツ」です。この映画は、ある船の爆破事件とその5人の容疑者を描く物語です。ある日カリフォルニア州の港に停泊していた船が爆発しました。全てはここから始まります…。

43. ミリオンダラー・ベイビー (2004)

43本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ミリオンダラー・ベイビー」です。この映画は、プロボクサーを目指すマギーと、トレーナーフランキーの物語です。ある日貧しい環境で育ったマギーが、フランキーのジムを訪ねてきます。最初はフランキーはマギーを敬遠していたものの、彼の友人や同僚はマギーの素質に注目します。そしてタッグを組んだ2人は試合で連勝し、遂にタイトルマッチにも勝利する。そしてミリオンダラーをかけたビッグマッチが始まりますが…。

44. バッファロー’66 (1998)

44本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「バッファロー’66」です。この映画は、刑務所上がりの粗暴なビリーと、拉致された少女レイラの愛の物語です。5年の刑期を終えたビリーはバッファローの自宅へ向かう途中、見ず知らずの少女レイラを拉致します…。

45. バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)

45本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。この映画は、高校生マーティと科学者ドクのタイムトラベル物語です。マーティはうだつの上がらない高校生でした。彼の家族は馬鹿にされ、父親も上司に頭が上がりません。そんな時に友人の天才科学者ドクがタイムマシンを発明します。ところが突如テロリストに襲われ、逃げ出したマーティは両親が高校生時代の20年前にタイムスリップしてしまいます。当時のドクを見つけ、未来に戻る(バック・トゥ・ザ・フューチャー)ために奔走します。

46. スラムドッグ$ミリオネア (2008)

46本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「スラムドック$ミリオネア」です。この映画は、スラム出身のジャマールがクイズ番組で勝ち進みながら過去を回想する物語です。元ネタは日本のテレビ番組クイズミリオネアで、アカデミー賞8部門を受賞しました。

47. 世界にひとつのプレイブック (2012)

47本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「世界にひとつのプレイブック」です。この映画は、躁鬱病のパットと、性依存症のティファニーの友情を描いた物語です。パットは高校の歴史教師をしていました。ある日妻のニッキーが浮気している現場に遭遇し相手の男を暴行して逮捕されます。その後は精神病院に入院することになり、ニッキーとの接触も禁止されます。そんな中、友人の妻の妹のティファニーと知り合います。ティファニーはニッキーの友人なので、手紙を渡してもらおうと接触します。ティファニーは手紙の条件としてパットに社交ダンスのパートナーになることを要求します。

48. エリン・ブロコビッチ (2000)

48本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「エリン・ブロコビッチ」です。この映画は、シングルマザーのエリンが、巨大企業を相手に立ち向かった実話を元にした物語です。ある日エリンは自動車事故で衝突され、相手に非があるのにもかかわらず社会的信用度の低さから裁判で敗訴してしまいます。担当弁護士に責任をとらせるため、弁護士事務所で職をもらい、そこでエリンはある公害問題に気がつきます…。

49. マイレージ、マイライフ (2009)

49本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マイレージ、マイライフ」です。この映画は、解雇通達を行う仕事をするライアンが、新人のナタリー、不倫相手のアレックスを通して心境が変化していく物語です。独身のライアンは解雇を代理で通達する会社で働き、全米を飛び回って毎日クビを宣告しています。アレックスとはそんな出張の途中で出会ったいわゆる気楽な関係で、彼はそうやってマイレージを貯めながらモノを持たない生き方をする自分がクールだと思っていました。ある日自分の仕事を全否定する新人のナタリーが入ってきます。彼女はビデオ通話を使うことで出張費を抑え、利益向上を推進したのです。ライアンはナタリーの教育係りに任命され、そこからライアンの人生は変わり始めます。

50. 12モンキーズ (1995)

50本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「12モンキーズ」です。この映画は、ウイルスで荒廃した未来からやってきた男ジェームズが、医師キャサリンと共にウイルステロを阻止する物語です。2035年、人類の99%はウイルス感染で死滅し、生き残った人類は地下で身を潜めていました。そんな中、ジェームズの使命は1996年に派遣され、ウィルスを散布した12モンキーズを見つけ出すことでした。

Ads by Google

51. インポッシブル (2012)

51本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「インポッシブル」です。この映画は、スマトラ沖地震から生還する家族を描く、実話を元にした物語です。主演はナオミ・ワッツとユアン・マクレガーです。スマトラ島へバカンスへやってきた家族ですが、突如大地震が発生し、その後の激しい津波に襲われて流され、家族はばらばらになります。果たして彼らの運命は…。

52. マイケル・ジャクソン THIS IS IT (2009)

52本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」です。この映画は、2009年に急死し、伝説の公演になってしまったマイケル・ジャクソンのTHIS IS ITを、リハーサル映像を元にドキュメンタリー化した映画です。映像は2009年5〜6月にカリフォルニア州で撮影されたものが中心になっています。マイケルの遺作とも呼べる作品です。

53.  ディパーテッド (2006)

53本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ディパーテッド」です。この映画は、マフィアに潜入した警察と警察に進入したマフィアを描く物語です。犯罪が蔓延するマサチューセッツ州ボストンにて、警官は街を洗浄するため、新人警官のコスティガンをスパイとしてマフィアに送り込みます。ところがマフィア側も警察にスパイを送り込んでおり、両者のスパイ探しの情報戦が始まります。

54. ダークナイト (2008)

54本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ダークナイト」です。この映画は、バットマンが宿敵ジョーカーに翻弄されながら、友人、恋人を犠牲に戦う物語です。本作の撮影後に亡くなったヒース・レジャー演じるジョーカーにも注目です。バットマンことブルース・ウェインと、検事のハービー、警察のゴードンらの活躍によって、ゴッサムシティは平和を取り戻しつつありました。そんな時に現れた最悪の敵がジョーカーです。ジョーカーは巧妙な話術と汚いやり方でバットマンを精神的に苦しめていきます…。

55. ジョーズ (1975)

55本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ジョーズ」です。この映画は、アミティ・ビレッジに出現した巨大サメに立ち向かう3人の男の物語です。ある日平和な田舎町の浜辺ににサメに襲われた女性の遺体が打ち上げられます。警察はすぐさまビーチの閉鎖を始めますが、重要な観光資源のため村の権力者は反対します。そうこうしているうちに少年がサメの犠牲となり、サメ討伐に懸賞金がかけられる事態になります。果たしてホオジロザメは討伐されるのか…?

56. 羅生門 (1950)

56本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「羅生門」です。この映画は、ある殺人事件において、3人の証人が全く違う証言をする物語です。英語圏でも有名な日本映画で、この映画から生まれた「Rashomon Effect」という言葉も存在します。物語は激しい雨の降る羅生門の下で始まります。雨宿りをしていた男たちは「奇妙な話を聞いた」と語り始めます。それは山の中で1人の侍の遺体が発見された話です。その事件に関与している盗賊の多襄丸、侍の妻である真砂が現場の証言をしますが、2人とも「殺したのは自分だ」と証言し、話は全くもって食い違っていたのです。そして死んだ侍を巫女が呼び戻し、殺された本人の証言も聞きます。奇妙なことに、侍は「自害した」と証言します。果たして、真実は…?

57. フライト (2012)

57本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「フライト」です。この映画は、アル中のエリートパイロットが飛行機事故から奇跡の生還を果たすが、アルコール検出を咎められ、英雄と犯罪者の間に立たされる物語です。アトランタ行きの航空機で、機長のウィップは、飛行中の機体がトラブルを起こして突然急降下を始めたことに気づきます。彼はとっさの判断で機体を背面飛行させ、大きな被害を出さずに飛行機を不時着させることに成功します。誰もがウィップを英雄だと称えましたが、彼の体からはアルコールが検出されます…。

58. マトリックス (1999)

58本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マトリックス」です。この映画は、人類がコンピュータに支配された未来で、現実と仮想空間を行き来して戦う物語です。トーマス・アンダーソンは表の顔はソフトウェア会社のプログラマで、裏の顔は天才ハッカーの「ネオ」だった。ある日彼はトリニティとモーフィアスに出会い、この世界は仮想現実であると告げられます。果たしてトーマスの運命は…。

59. ライフ・イズ・ビューティフル (1997)

59本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ライフ・イズ・ビューティフル」です。この映画は、第二次世界大戦のイタリアにおけるユダヤ人迫害を扱った映画です。ユダヤ系のグイドはイタリアで結婚して子どもにも恵まれ、平和な日々を過ごしていました。やがて第二次世界大戦が始まり、ユダヤ人の迫害が始まります。ナチス・ドイツによって彼らは強制収容所へ送られます…。

60. 戦場のピアニスト (2002)

60本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「戦場のピアニスト」です。この映画は、ポーランドのユダヤ人ピアニストの男が経験した、ナチスドイツの占領によって、迫害されていく実話を元にした物語です。シュピルマンはポーランドで活躍するピアニストでした。やがて第二次世界大戦が始まり、ポーランドはドイツに占拠されます。シュピルマンを始めユダヤ人たちはゲットーへ移され、残虐な迫害が始まっていきます,,,。

61. スタンド・バイ・ミー (1986)

61本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「スタンド・バイ・ミー」です。この映画は、4人の少年たちが死体を探しに冒険に出る物語です。原作は巨匠スティーブン・キングです。この物語は作家ゴードンが自身の少年時代を回想するところから始まります。ゴードンはクリス、テディ、バーンの4人でいつもつるんでいました。ある日行方不明中の少年が森の中で死体遺棄されていることを聞きつけ、4人は死体探しの大冒険へ出かけるのでした…。

62. レナードの朝 (1990)

62本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「レナードの朝」です。この映画は、30年間昏睡状態だったパーキンソン病の患者たちが、次々と目覚めた現実を元にした奇跡の物語です。医師マルコム・セイヤーは開発した新薬によって、長年昏睡状態だった患者たちが目を覚まします。しかし…。

63. トップガン (1986)

63本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「トップガン」です。この映画は、アメリカ軍のパイロットの青春を描いた物語です。エリートパイロットのピートが教官シャーロットとの恋愛を通して挫折を乗り越えていきます。

64. HACHI 約束の犬 (2009)

64本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「HACHI 約束の犬」です。この映画は、ある犬と教授の物語です。日本のハチ公物語をハリウッドでリメイクした作品です。教授パーカーの飼い犬ハチは毎日彼を駅まで見送っていました。しかし..。

65. 死霊のはらわた (1981)

65本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「死霊のはらわた」です。この映画は、5人の若者たちが悪霊と戦う物語です。サム・ライミ監督のデビュー作品であり、ホラー映画の金字塔です。森の山小屋へやってきた若者たちが、死者の書と呼ばれるテープを再生してしまうことで悲劇が始まります。

66. ルパン三世 カリオストロの城 (1979)

66本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ルパン三世 カリオストロの城」です。この映画は、偽札の大国、カリオストロへやってきたルパンたちの物語です。宮崎駿監督の初監督作品で、スピルバーグなどの著名人を始め、世界中から高い評価を得ています。ルパン一行は伝説の偽札ゴード札の出所であるカリオストロへ向かい、事件に巻き込まれていきます…。

67. リング (1998)

67本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「リング」です。この映画は、呪いのビデオテープを見たものは死に至るという謎を追う物語です。テレビ局のディレクター浅川は都市伝説の呪いのビデオの取材を進めていました。該当のビデオを入手した浅川は元夫の高山とともにテープの研究を始めます。果たして呪いのビデオの正体とは…?

68. シェフ 三ツ星フードトラック始めました (2014)

68本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」です。この映画は、一流のシェフのカールが、フードトラックを始めて息子と友情を深める物語です。カールは3つ星レストランのシェフを務めていました。ある日、自身の料理に有名評論家が酷評を書きます。激怒したカールはツイッターで反撃しますが、これが原因で店内でトラブルを起こしクビにされてしまいます。カールは心機一転のため、フードトラックを始め、元同僚のシェフと構ってやれなかった息子とトラックの旅を始めます。

69. ミスト (2007)

69本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ミスト」です。この映画は、ある日霧で覆われた街で起こる奇妙な事件を描いた物語です。ある嵐の翌日、デイビットとステファニー夫婦、息子のビリー、隣人のブレントはスーパーへ行きます。突如サイレンが鳴り始め、店内に駆け込んできた男は鼻血を流して死亡します。ここから原因不明のパニックが始まります…。

70. ダ・ヴィンチ・コード (2006)

70本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ダ・ヴィンチ・コード」です。この映画は、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画に隠された謎を追う、ベストセラー小説を元にした映画です。物語はルーヴル美術館で遺体が発見されるところから始まります。教授のロバートと暗号解読官のソフィーは謎が謎を呼ぶ出来事へ巻き込まれていきます…。

71. イエスマン (2008)

71本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「イエスマン」です。この映画は、消極的な人生を送っていた男が、「イエス」と言い続けて人生を変えていく物語です。銀行員のカールは毎日代わり映えしない生活を送っていました。そんなある日、旧友の誘いで参加した胡散臭いセミナーで人生が変わります。それは、すべてのことに「イエス」というだけでいいというものです。翌日からカールは「イエス」の力で見違えたような生活を送っていきます。しかし…。

72. アメリ (2001)

72本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「アメリ」です。この映画は、パリに住む空想好きの22歳のアメリが初めて恋に落ちる物語です。アメリは両親からあまり構ってもらえずに育ちます。病弱だと思われていたアメリは学校へは通わず、周囲とのコミュニケーションの取り方を知らぬまま大人になりました。そんあアメリは空想をしたり一人で過ごす日々を送ります。しかしある日、捨てられた証明写真を収集する風変わりの男に興味を持ち、彼に接近します…。

73. ブラックホーク・ダウン (2001)

73本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ブラックホーク・ダウン」です。この映画は、ソマリア内戦に派兵されたアメリカ軍が戦闘ヘリを撃墜(ブラックホーク・ダウン)され、泥沼化する実話を元にした物語です。1993年、ソマリアの内戦を鎮めるためにアメリカ軍が派兵されます。作戦の予定は1時間で、そのとき誰もが晩飯までに家に帰れるだろうと思っていました。しかし、初っ端に軍用ヘリブラック・ホークはRPGで墜落され、そこから地獄が始まるのでした。

74. 天使のくれた時間 (2000)

74本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「天使のくれた時間」です。この映画は、トレーダーとして大成功した男が、ある日目覚めると真逆の人生に変わっている物語です。ジャックはブローカーを志すため恋人と別れを告げます。それから13年の月日が流れ、ジャックはウォールストリートで大成功を収めていました。そんな満ち足りた生活を送っていると、ある日天使と名乗る男と出会います。その翌朝、彼が目覚めると別れたはずの妻が隣で寝ており、自分の子どもたちがいたのです。家はニューヨークではなく、地方のさびれた町です。これは一体どうなっているのでしょうか…。

75. 大統領の執事の涙 (2013)

75本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「大統領の執事の涙」です。この映画は、奴隷出身の黒人男性が、執事として大統領に仕える実話を元にした物語です。セシルは奴隷の子として生まれ、父は殺されて物心ついた頃から農園で働かされていました。ある日、彼は農園を脱出し、街の黒人の店に助けられます。そこでセシルは礼儀作法と白人に対する建前を教わり、白人社会の中で生きていきます。そんなある日、セシルにホワイトハウスで執事をしないかという誘いがきます。やがて彼は大統領に仕えるように…。

Ads by Google

76. 私の中のあなた (2009)

76本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「私の中のあなた」です。この映画は、姉のドナーとして生まれてきたアナと、白血病と闘う姉ケイトと両親の葛藤を描く物語です。ケイトは2歳で白血病を患います。しかし、ドナーの提供する臓器は適合せず、両親は最終手段として遺伝子操作をした妹をつくることになります。それがアナでした。自身の運命を知ったアナは次第に混乱し、両親を相手に訴訟を起こします。果たして彼らの運命は…。

77. ロード・オブ・ウォー (2005)

77本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ロード・オブ・ウォー」です。この映画は、武器商人ユーリーの半生を描く実話を元にした物語です。ユーリーはウクライナからアメリカへ移住してきます。武器商売に目をつけたユーリーは、軍に賄賂を渡し、違法に入手した銃を売りさばいて富を築きます。しかし…。

78. パフューム ある人殺しの物語 (2006)

78本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「パフューム ある人殺しの物語」です。この映画は、パリで匂いに囚われた男が次々と殺人を犯す物語です。18世紀のパリで生まれた孤児のジャンは、生まれつき優れた嗅覚を持っていました。中でも彼は女性の匂いの虜になり、匂いを維持するために美女を殺して香水にしてしまいます。謎の連続殺人鬼の出現にパリの街は次第に混乱していきます…。

79. セブン・イヤーズ・イン・チベット (1997)

79本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」です。この映画は、チベットに逃れたオーストラリアの登山家が、ダライ・ラマとと交流を深めていく実話を元にした物語です。この映画が原因でブラッド・ピットは中国への入国を禁止されています。1939年、ハイリンヒとペーターはヒマラヤ山脈の登山の途中にイギリス軍に捕らえられてしまいます。なんとか逃げ出した彼らはチベットへたどり着き、そこでしばらく生活します。まだ少年だったダライ・ラマ14世と親しくなり、西洋の文化を教えます。しかし…。

80. ボーイズ・ライフ (1993)

80本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ボーイズ・ライフ」です。この映画は、父親から虐待を受け続けてきた少年を描く、ある作家の実話を元にした物語です。若きレオナルド・ディカプリオの出世作でもあります。1950年代、ドビーはバツイチの母とともに引越しを繰り返す日々を過ごしていました。ある日母親が連れてきた男ドワイトは一見紳士のようでした。しかし再婚して時が流れると次第に暴力を振るうようになり、ドビーの耐え続ける日々が始まります。

81. 幸せのちから (2006)

81本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「幸せのちから」です。この映画は、ホームレスになった親子が、ブローカーとして成功する実話を元にした物語です。サンフランシスコで医療機器の販売員をしていたクリスでしたが、一向に事業はうまくいかず、遂に妻にも見放されます。資金がつき、子どもとホームレス生活をしながら証券会社のインターンに応募し、死に物狂いで勉強します。果たして彼らの運命は…。

82. ワン チャンス (2013)

82本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ワン チャンス」です。この映画は、歌手を目指すポール・ポッツが、挫折を繰り返しながら音楽番組で大成功する実話を元にした物語です。ポッツは小さい頃から歌うことが好きで、オペラ歌手を目指します。しかし、留学先のヴェネツィアの音楽学校で、歌手にはなれないと否定されます。挫折したポッツは歌手の道を諦めて携帯電話の販売員になります。その後不運が連発し、人生の絶望の淵に立ったとき、ある音楽番組のオーディションを目にします。

83. 白鯨との闘い (2015)

83本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「白鯨との戦い」です。この映画は、ある作家がキャリアをかけて、伝説の白鯨との戦いの逸話をトーマスから聞き出す物語です。1819年、クジラの油を求めて一隻の大船が出航します。しかし、一向にクジラの群れには出会えず、手ぶらで帰るはめになります。そんなとき、酒場で巨大白鯨の噂を耳にします。一同は白鯨を求めて海へ繰り出しますが…。

84. バーレスク (2010)

84本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「バーレスク」です。この映画は、ロスの劇場「バーレスク」で繰り広げられる物語です。アリは歌手を夢見てロスへやってきます。そこでバーレスクの虜になり、ウェイターとして働くことになります。そんな中、アリは代役として舞台に上がるチャンスを得ます。それをおもしろく思わないニッキから嫌がらせを受けますが…。

85. 東京物語 (1953)

85本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「東京物語」です。この映画は、戦後の経済成長しつつある日本を舞台に、田舎から出てきた両親と上京した子どもたち家族の物語です。ある日尾道から周吉ととみが東京で暮らす子どもたちを訪ねてやってきます。しかし子どもたちは素っ気ない態度をとります。そんな中次男の妻である紀子は2人を丁寧にもてもしました。尾道に戻った2人ですが、あることが起こります…。

86. マイノリティ・リポート (2002)

86本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「マイノリティ・リポート」です。この映画は、近未来の世界の組織で働く男が、事件に巻き込まれていく物語です。あらゆる犯罪が事前に予知できるようになった世界で、犯罪予防局が治安を守っていました。ジョン・アンダートンはそこに勤めています。ある日ジョンが見た予言は、なんと自身が赤の他人を殺害をする映像でした。犯罪予防局はジョンの逮捕に乗り出し、ジョンは逃亡を図ります。果たしてジョンの運命は…。

87. ガンジー (1982)

87本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ガンジー」です。この映画は、マハトマ・ガンジーの生涯を描いた実話を元にした映画です。1893年、弁護士であったガンジーはある日鉄道で露骨な差別に会い、車両から引きずり下ろされます。そこからガンジーの抗議活動が始まります。ガンジーは徹底して非暴力の姿勢を貫き、情勢を変えていくのです。

88. ウォッチメン (2009)

88本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ウォッチメン」です。この映画は、一斉を風靡し、政治利用されたスーパーヒーロー「ウォッチメン」たちのその後を描く物語です。ある時代、特殊能力を持った者たちが集まり、ウォッチメンとしてアメリカのために活躍していました。しかし政府は次第に彼らの能力を濫用し、戦争に利用し始めます。しかし時代は変わり、ウォッチメンの活動は違法化し分裂します。引退するものが出る中、ある日メンバーの一人コメディアンが殺害されます…。

89. オーシャンズ11 (2001)

89本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「オーシャンズ11」です。この映画は、ダニー・オーシャンとその仲間たちが空前の金庫破りに挑む物語です。4年の服役を得て出所したオーシャンは、1億ドル以上が集まる巨大金庫の強奪を計画します。用意周到に準備された計画のもと、有能な仲間たちを結集し、オーシャンズ11として彼らの作戦が始まります。

90. インサイド・マン (2006)

90本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「インサイド・マン」です。この映画は、マンハッタンで起こった、ある銀行強盗を巡る物語です。ダルトン率いる4人の強盗グループは昼間の銀行を襲撃し、人質をとって立てこもります。犯人グループのやり方は警察の対応より上をいっており、苦戦を強いられます。現場へ駆けつけた敏腕の女弁護士マデリーン・ホワイトがとった行動とは…。

91. カジノ (1995)

91本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「カジノ」です。この映画は、ベガスのカジノ経営をめぐる、実話を元にした物語です。1970年代のラスベガスで、プロのギャンブラーエースはカジノ「タンジール」を仕切り成功を収めていた。彼は順風満帆の生活を送っていたが…。

92. ダラス・バイヤーズクラブ (2013)

92本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ダラス・バイヤーズクラブ」です。この映画は、エイズに感染したある男の実話を元にした物語です。ダラスに暮らすロン・ウッドルーフは、ある日エイズに感染していることを通告されます。現実を受け入れられず次第に孤立するロンですが、治療薬の存在を知ります…。

93. トレインスポッティング (1996)

93本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「トレインスポッティング」です。この映画は、ヘロイン中毒の若者たちを描く物語です。レントンはスパッド、ジャック、ベグビーらと薬漬けの怠惰な生活を送っています。ある日レントンはドラックを断つ決心をし、ロンドンで真っ当に生きようと誓いますが…。

94. ブロークバック・マウンテン (2005)

94本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ブローバック・マウンテン」です。この映画は、アメリカ中西部で、2人の男が時を超えて惹かれ合う同性愛の映画です。1963年、イニスとジャックは羊の放牧場で雇われます。互いに仲良くなる2人でしたが、ある日一線を越えてしまいます。その後2人は離れ離れになり、イニスは婚約者の女性と結婚します。しかし、2人は4年後に再開し…。

95. スカーフェイス (1983)

95本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「スカーフェイス」です。この映画は、キューバからアメリカにやってきた男がギャングの世界でのし上がる物語です。トニーとマニーはマイアミでコカイン売買で成功し、富を築きます。しかし…。

96. アメリカン・ギャングスター (2007)

96本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「アメリカン・ギャングスター」です。この映画は、伝説のギャングフランク・ルーカスの半生を描く実話を元にした物語です。1968年、フランクは「ブルーマジック」を売る麻薬ビジネスで成功し、一大勢力を築き上げます。ニューヨーク警察のリッチーは麻薬の出所をつきとめ、フランク逮捕に乗り出します。

97. トランスポーター (2002)

97本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「トランスポーター」です。この映画は、プロの運び屋が予期せぬ事件に巻き込まれていく物語です。カーチェイスとアクションシーンが圧巻の、ジェイソン・ステイサムの代名詞とも言える映画です。フランクはいつものように依頼人から荷物を受け取り、運んでいました。しかしあろうことかフランクは依頼人の荷物を開けてしまったのです。そして荷物に入っていたのは…。

98. ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (1984)

98本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」です。この映画は、1920年代のニューヨークで悪事を働くギャング少年たちの物語です。少年ヌードルスは仲間たちと酔っ払いから窃盗を図ります。しかし、他の少年マックスに阻止され、そこから彼らは次第に仲良くなります。その後は禁酒法を利用してひと儲けしますが、彼らを待っていたのは…。

99. 素晴らしき哉、人生! (1946)

99本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「素晴らしき哉、人生!」です。この映画は、何をやってもうまくいかないと思っていた男が、天使と出会って人生をやり直す物語です。名作映画ランキングの常連に入る傑作でもあります。ジョージは誠実さだけが取り柄の男で、家族や町を守るために頑張って生きてきましたが、金運には恵まれず貧しい生活を送っていました。ある日、彼は大きな借金を背負うことになり、「自分なんて生まれてこなければ良かった」と自殺を図ります。そこに現れたのはなんと天使でした…。

100. ニュー・シネマ・パラダイス (1988)

100本目のネットフリックスのおすすめ映画作品は、「ニュー・シネマ・パラダイス」です。この映画は、イタリアの小さな村に住む少年と映画技師の老人の友情物語です。サルヴァトーレは村に住む少年で、村の小さな映画館へいくのが大好きでした。唯一の娯楽であった映画館には村中の人が集まり、週末の新作映画を心待ちにしていました。少年は映写室に忍び込み、技師のアルフレードと親しくなります。そして時が経ち、少年は大人になっていきます…。

Ads by Google

最後に

いかかでしたでしょうか。今回は「ネットフリックスのおすすめ映画作品100選」をご紹介しました。「おもしろそう!」と思えた作品は見つかりましたか?気になった映画作品が見つかった方は、ぜひネットフリックスで視聴してみてください。なお今回ご紹介したおすすめ映画作品は、本記事執筆時点でネットフリックスに配信されているものになります。時期によっては、すでに配信が終了しているものがあるかもしれませんので、ご了承ください。

Ads by Google