iOS11の「AirDrop (エアドロップ)」はどこ?ここにあります!

2017年8月30日
[最終更新日]2017年10月01

2017年の9月中旬より、新しい「iOS11」の配信が予定されています。iOS11からは、「コントロールセンター」がより機能的に進化しています。ところが、いざiOS11を使ってみると、以前までは目立つ位置にあった、「AirDrop (エアドロップ)」の項目がどこにも見当たらないのです。

そこで今回は、「iOS11のAirDropの使い方」についてご紹介します。「AirDropが消えた!」、「AirDropがなくなった!」と困っているあなたも、この記事を読めばきっと解決するはずです。

Ads by Google

iOS11の「AirDrop」はどこにある?

では実際に「iOS11のAirDropの使い方」をご紹介していきます。

まずはお使いのiPhoneの画面下部から上にスワイプし、「コントロールセンター」を表示しましょう。すると、いくつかのコントロールのコマンドが表示されます。

左上に「機内モード」や「Wi-Fi」など4つのアイコンがまとめられたグループがあるので、そこを「長押し (3Dタッチ?)」します。

するとコントロールのグループが拡大表示され、隠れていた「AirDrop」と「テザリング」の項目が出現します。あとは「AirDrop」を選択して「全ての人」か「連絡先のみ」をオンにすれば完了です。以上が「iOS11のAirDropの使い方」になります。

Ads by Google

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「iOS11のAirDropの使い方」についてご紹介しました。

AirDropを使うことで、データ通信を一切消費することなく、写真や動画を無劣化で転送することができます。その便利さゆえに、最近は使う人も増えているようです。もちろん、AirDropを「全員に許可」していると、知らない人からイタズラされることもあるので、使わないときは忘れずに「オフ」にしておきましょう。

Ads by Google