「Fitbit Alta HR」を4ヶ月毎日使ったレビュー!結果的に大満足だが…

2017年8月26日
[最終更新日]2017年10月02日

4月に購入したウェアラブルバンドの「Fitbit Alta HR」が、使い始めてからそろそろ4ヶ月経つので、これまでの使用感を含めて再度レビューしてみようと思います。

結論から言うと、Alta HRにはとても満足していて、購入してから今まで毎日使い続けていますし、これからも使い続けると思います。では、より詳しいレビューをお届けしていきます。(購入時のレビューはこちら: 「Fitbit Alta HR」開封レビュー!日本正規代理店で購入)。

Ads by Google

Fitbit Alta HRを4ヶ月使ってみたレビュー

では実際に、「Fitbit Alta HRを4ヶ月使ってみたレビュー」をご紹介していきます。

私のAlta HRの使い方は、基本的に常時外さずに着けっぱなしにしています。唯一外すのはお風呂に入るときだけで、その時に充電をしています。毎日20分程度充電されている状態ですが、それだけで連続使用できるので、電池切れになったことは今のところありません。

睡眠中も付けっ放しにしているので、睡眠記録を毎日自動計測してくれています。使い始めの頃は、寝るときに邪魔に感じましたが(Alta HRは意外と固い)、慣れてくると何も感じなくなります。

そして、朝はAlta HRのアラームで起床します。また、歩数や運動時間を自動的に計測してくれるのはとても楽です。アクティビティのデータは、外部アプリの「Full Sleep Sync for Fitibit to Health」と「Fitness Sync for Fitbit to Apple Health」を使って、iOSの「ヘルスケア」に同期しています。また、ほぼ24時間着けっぱなしなので、外出時に時計を着け忘れることがなくなりました。この習慣の変化は、面倒くさがりの自分にはありがたいことです。

このように、Fitbit Alta HRを4ヶ月使ってみて、大変満足しています。

Ads by Google

Apple Watchが欲しい病にかかる

しかしながら、Fitbit Alta HRには大満足しているものの、最近は「Apple Watchが欲しい」という病気に悩まされています。

私はもともと初代Apple Watch(Series 0)を使っていましたが、動作のモッサリに嫌気がさして、よりシンプルな「Fitbit Alta HR」に乗り換えることにしました。Alta HR自体は、バッテリー持続時間が長いことやアクティビティの自動計測に満足しているのですが、常時ウェアラブルを着けていることに慣れてくると、今度はウェアラブルで色々やりたくなってきます

Alta HRでは通知は見れますが、メッセージの返信などはできないので、「Apple Watchだったらもっと色々できるのになぁ」と思ってしまうことがあります。もともと「ウェアラブルに余計な機能はいらない」と思ってApple WatchからFitbitに乗り換えたものの、いざFitbitを使い始めると、かつて不要と感じた余計な機能が恋しくなってきたのです。なんとも皮肉なものなのです。

今度新しいApple Watch Series 3の発売が予定されているので、Series 2が値下げしたら買い換えようかな?などと検討していたりもします。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は「Fitbit Alta HRを4ヶ月使って見たレビュー」をお届けしました。

まとめると、Fitbit Alta HRはとても良いデバイスなので、ほとんどの人は満足して使用できると思います。しかし、私のような慣れると色々試したくなる人にとっては、シンプル過ぎるAlta HRでは次第に物足りなくなってくるかもしれません。

そのため、まだウェアラブル端末を持っていない人にはとてもオススメできますが、すでにApple Watch(特にSeries 2以降)をゴリゴリ使っている人にはオススメしません(そういう人は欲しがらないかもしれませんが)。レビューは以上になります。また続報があれば報告しますね。

Ads by Google