Ultra HD Blu-ray(UHDBD)より「Apple TV 4K」を買うべき3の理由

2017年8月23日
[最終更新日]2017年10月02日

4Kに対応した新しいApple TVが、9月に登場する確率が濃厚になっているようです(※追記: 実際にApple TV 4Kが発売されました)。そんな中、「4Kデビューしたいけど、Ultra HD Blu-rayとApple TV 4Kのどっちがいいの?」と悩んでる人もいるかもしれません。

そこで今回は、「Ultra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを選ぶべき3の理由」についてご紹介します。もちろん、Ultra HD Blu-rayにもメリットがあることは踏まえた上で、今回はApple TVの良い点を中心に見ていこうと思います。※17年9月13日: Apple TV 4Kの正式発表を受けて一部追記・修正しました。

Ads by Google

Ultra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由1. ストリーミング対応

1つ目のUltra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由は、「ストリーミング対応」です。

はじめに整理しておくと、「Ultra HD Blu-ray」は光ディスクを専用のプレーヤーにセットして再生するもの(DVDと同様)で、「Apple TV」はアプリケーションからインターネット経由で動画をストリーミング再生するものです。

このように、両者のメディアは再生の方法が全く異なっていて、UHD BDはオフライン環境でも再生できますが、Apple TVは完全にオンラインでないと再生することができない仕様になっています。

その代わりに、Apple TVはiTunes映画、YouTube、ネットフリックス、Amazonプライムビデオなどの、様々なビデオストリーミングを楽しむことができる点や、見たい作品を瞬時に検索して再生することができます。

中にはディスクをセットして見るのが好きという物好きの人もいるかもしれませんが、ほとんどの人はストリーミングはより便利で快適であると感じています。

このように、「ストリーミング対応」が1つ目のUltra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由になります。

Ads by Google

Ultra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由2. ハードもソフトも安い

2つ目のUltra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由は、「ハードもソフトも安い」です。

まずハード面ですが、まだ正式にリリースされていないので分かりませんが、Apple TV 4Kの本体価格は現在の第4世代と同じならおよそ¥17,000程度に、なると思われます(※税別¥19,800〜が確定しました)。

一方で、Ultra HD Blu-rayに対応したプレーヤーは最も安いモデルでも¥30,000程度はします(17年8月時点)。このように、Apple TV 4Kの方がハードがより安価になることはほぼ確実です。

次にソフト面ですが、これも予想になりますが、先行で4K対応しているGoogle Playストアを見ると、4Kコンテンツの販売価格はおよそHD版のプラス$10になっています。この図式がそのまま当てはまるとすれば、iTunes映画の4Kコンテンツは、新作でおよそ¥3,500程度になると思われます(※iTunesの4K映画はHD版と価格据え置き(¥2,500)になることが発表されました)。

一方で、Ultra HD Blu-rayのソフトは、新作だとおよそ¥7,000以上と高額になっています。もちろん、UHD BDには無条件でBlu-ray版もついてくるので、両方のディスクが欲しい人には得があるかもしれません。しかし、4K版だけ欲しい人にはiTunes映画の方が安くつく可能性があります。

このように、「ハードもソフトも安い」が2つ目のUltra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由になります。

Ads by Google

Ultra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由3. 将来性がある

3つ目のUltra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由は、「将来性がある」です。

率直に言って、Ultra HD Blu-rayがDVDやBlu-rayのように、一般ユーザーの層に普及する可能性は限りなく低いです。最新のメディア媒体を率先して採用してきたプレイステーションも、遂にPS4 ProではUHD BDをサポートしませんでした。これはUHD BDよりも、ストリーミングの方が将来性があると踏んだためだそうです(参考: 4K世代に最適化した「PS4 Pro」の秘密。UHD BD省略の理由は「世界はストリーミング」)。

そのため、BHD BDはある時期を界にして新作ソフトがリリースされなくなり、人々の記憶から忘れ去れる日が数年以内にやってくる可能性が高いのです。せっかく高価なプレーヤーやソフトを揃えても、全て無駄になるかもしれないのです。

これからはiTunes映画などのビデオストリーミングにおいて、新作映画の4Kコンテンツが優先して供給されるようになるかもしれません。

このように、「将来性がある」が3つ目のUltra HD Blu-rayよりApple TV 4Kを買うべき理由になります。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「Ultra HD Blu-rayより第5世代Apple TVを選ぶべき3の理由」についてご紹介しました。

もちろん、UHD BDの方が映像・音声のビットレートが高いことや、特典映像に強かったり、また、貸し借りや中古で売買できるという利点があります。

しかし、これらのUHD BDの利点が魅力的でない人にとっては、Apple TV 4Kを選択した方がベターかもしれません。4Kに対応しているコンテンツ自体もまだまだ少ないですが、Apple TVを選択しておけば、YouTubeやネットフリックスなどの4K対応動画を楽しむこともできます。

まずは9月に発表されるであろう、Apple TV 4Kの登場が楽しみですね。

こちらの記事もオススメです: iTunes映画の4K HDR版が日本で配信開始!価格は新作¥2,500

Ads by Google