第4世代Apple TVは値下げされるのか?4Kモデルの発売に期待

2017年8月15日

現在、4K対応の新しいApple TVの登場に期待が高まっています。しかし実際のところ、4Kテレビの普及率は2割程度と(参考: 2017年製品購入意向/所有率調査結果。最注目は有機EL TV、VRやUHD BDも)、まだまだHDテレビが主流のようです。そのため、Apple TVは新しい第5世代よりも、値下げして買いやすくなるであろう第4世代の方がセールスを伸ばすかもしれません。そこで今回は、第5世代の登場で「第4世代Apple TVは値下げされるのか」について考えていこうと思います。

Ads by Google

Apple TVはどのくらい値下げされるのか

現行モデルのApple TVがどれくらい値下げされるのか考える前に、まずはApple TVの価格をおさらいしておきましょう。17年8月現在に販売されている、最新モデルの「第4世代Apple TV」は、USドルで$149〜となっています。そして、歴代のアップル製品は新モデルが登場すると、ほぼ確実に旧モデルが値下げされてきたので、4K対応モデルの登場で、第4世代Apple TVも値下げすることになるでしょう。参考までに、iPhoneシリーズは新型が登場すると、およそ15%程度値下げされます。この法則をApple TVに当てはめると、およそ$125程度に値下げされることになります。ただし、iPadやiPod touch、Apple Watchなどのように、普及をテコ入れするために突如30%程度大幅値下げされるケースもあります。Apple TVはセールスがあまり好調ではないので、一気に$99程度まで値下げされるかもしれません。Apple TVは競合するロクやアマゾンに市場シェアでつき離れているので、旧モデルの大胆な値下げは必要かもしれませんね。

Ads by Google

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「第4世代Apple TVは値下げされるのか」についてご紹介しました。もちろん、仮に「第4世代Apple TV」が$99まで値下げしたとしても、アマゾンの「Fire TV Stick」の$39.99には敵いません。このように、Apple TVは価格競争では他社に太刀打ちできないので、別の魅力が必要になります。Apple TVの魅力を増すためには、キラーコンテンツとなる人気ゲームをリリースしたり、画期的なアプリの登場が必要になるでしょう。これからアップルがどのようにApple TVを売り込んでいくのか、とても楽しみですね。

追記(17.9.13): Apple TV 4Kが正式発表されましたが、値下げはありませんでした。

Ads by Google