「Spotify (スポティファイ)」って違法なの?いいえ、合法です

2017年7月1日
[最終更新日]2017年10月18

最近はインターネットで音楽を聞く「音楽ストリーミング」というものが世界中で大流行しています。そんな音楽ストリーミングの中で最もメジャーなのが、「Spotify (スポティファイ)」です。

ところが、「音楽」と「インターネット」というワードを聞くと、「それって違法じゃないの?」と思う方も多いかもしれません。実際にアプリストアでは明らかに違法(もしくはグレー)と思われる怪しげな音楽アプリが複数ランクインしているのを見かけます。

しかし、安心してください、スポティファイは決して違法ではなく、完全に合法の音楽ストリーミングです。そのため、アーティストにも収益が分配されています。今回はそんな「Spotify (スポティファイ)」についてご紹介します。

Ads by Google

Spotifyとは?


Spotify (スポティファイ)」とは、2006年に創業されたスウェーデンのストックホルムに本社を置く音楽ストリーミングを手がける会社です。この手のIT系ウェブサービスの企業は決まってアメリカのシリコンバレーに本社があることが多いのですが、スポティファイはイケアで有名なあのスウェーデンの会社であることが特徴です。

スポティファイは世界4大レーベル(ソニーミュージック、EMI、ワーナーミュージック、ユニバーサルミュージック)等と契約し、完全に合法的にビジネスを行なっています。スポティファイは2008年のサービス開始とともにヨーロッパで人気を集め、わずか1年半で800万人以上のユーザーを獲得したそうです。

当時はiTunesストアの音楽配信(ダウンロード)が主流だったため、スポティファイはストリーミング界のパイオニアとして一気に名を馳せることになります。そして、2016年には満を持して日本でもサービスを開始しました。現在は無料ユーザーが1億4,000万人、有料ユーザーが5,000万人という、世界最大の音楽ストリーミングサービスになっています。

ダウンロード: Spotify

Ads by Google

Spotifyは合法音楽ストリーミング


このようにスポティファイはレーベルと契約してロイヤリティを支払っている、完全な合法音楽ストリーミングです。むしろスポティファイはダウンロード不要という利便性の高さから、違法ダウンロードの利用者を減らしているという話もあります。インターネットそのものを閉鎖することは絶対にできないので、違法ダウンロードに対抗するためにはそれより「便利で質の高いサービス」を提供するのは正解だったようです。

結果的にスポティファイは新しい音楽の聞き方とビジネスモデルを形成しました。もちろん、CD全盛時代に比べてアーティストの取り分が減っていることが問題視されていますが、どのみちCDのビジネスモデルはもう破綻しているので仕方がないことです。これからはライブ活動に力を入れるか、人気が再燃している「レコード」をプレスして音楽の物的価値を高めることが大切なのかもしれません。

Ads by Google

Spotifyの魅力


そんな合法音楽ストリーミングのスポティファイの魅力は、なんと言っても「プレイリスト」です。この手の音楽ストリーミングは〜千万曲が聞き放題になるのが魅力ですが、いざ利用を始めると、どの音楽を聞いていいのか分からないという問題にぶつかります。

そこであなたを助けてくれるのがプレイリストなのです。例えば、リラックスしたい気分のときは、ブラウズから「ムード」を開き、「Relax & Unwind」または「Your Favorite Coffeehouse」のプレイリストを再生しましょう。するとすぐ様いい感じの曲たちがあなたを迎え入れます。逆にモチベーションを上げたいときは、「ワークアウト」の「Motivation Mix」なんかがオススメです。このように、「普段はJ-Popなんか聞かない」という私のような人でも、プレイリストを通して、簡単に最適な音楽を見つけることができるのがスポティファイの最大の魅力ではないでしょうか。

Ads by Google

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は「Spotify (スポティファイ)」についてご紹介しました。

現代では音楽はYouTubeやストリーミングで聞くのが当たり前になりつつあります。スポティファイには無料プランも用意されているため、実質的に音楽は無料で聞ける時代になってしまいました。その一方で、音楽ストリーミングが流行るほど、ライブに参加する人の数が増えたり、所有感を刺激する「レコード」の売り上げが伸びているというポジティブな側面もあります。

また、音楽が無料で聞ける時代になったことで、音楽を聞く人の数もおのずと増えていくはずです。そう考えると、音楽ストリーミングはひとつの時代の流れなのかもしれませんね。さあ、あなたもスポティファイで快適な音楽ライフを始めてみませんか?

まずは無料プランで始めてみましょう: 「Spotify (スポティファイ)」は無料プランでも十分な5つの理由

Ads by Google