アップルの「ARKit」はスマートグラス登場の布石なのか

2017年6月10日
[最終更新日]2017年06月10日

WWDC’17では、開発者向きに数多くの新機能が紹介されましたが、中でも注目を集めたのが「ARKit」だったのではないでしょうか。ARKitを用いれば、今までよりもずっと簡単にiOSデバイス向きのARアプリを開発することができます。そのため、「iOSは最大のARプラットフォームになる」と注目を集めているわけです。

Ads by Google

iPadを手に持って使うのはしんどい?


プレゼンでは「Wingnut AR」というARゲームが実演で紹介されていました。このうようにAR技術を用いたアプリはとても画期的ですが、常にiPadを手に持ったまま使うのはちょっとしんどそうですよね。そこで、メガネのようなウェアラブルタイプの端末が登場すればより快適にARを楽しむことができるのではないでしょうか。

クックCEOが新製品を匂わせる発言?

WWDC’17を終えて取材を受けたティム・クックCEOは、今回のARKitに対して

「将来リリースされる基盤となる」

と述べたようです(参考: Macお宝鑑定団)。その詳細については語ってくれなかったようですが、おそらくARを利用するための何らかのデバイスであることは間違いなさそうです。iPhoneやiPadを使ってARを利用すると、必ず片手がふさがってしまいます。そのため、ARに特化した端末が出れば、より便利になってARアプリの利用率も上がるかもしれません。

ARスマートグラス開発の噂は度々出ている!?

実はアップルがARに対応したスマートグラスを開発しているという噂は度々出ていました(参考: アップルのARスマートグラスはどんな製品になる?)。すでにアップルはフランスのスマートレンズを手がける会社「カール・ツァイス」と共同開発しているとのことで、これが事実ならアップルからスマートグラスがリリースされることになります。今は開発者にAR対応アプリをたくさん作ってもらって、ほどよいタイミングで製品をリリースするつもりなのでしょうか。

マイクロソフトに追従するか


スマートグラス系の端末といえば、すでにマイクロソフトが「HoloLens (ホロレンズ)」というものをリリースしています。ホロレンズはまさにARを使うための端末で、ゴーグルのようなものを装着して利用します。操作は手と指を使って行うので、入力装置は不要です。ユーザーはゴーグル越しにARでブラウザや動画を見たり、ゲームを楽しむことができるようです。もしもアップルがARスマートグラスをリリースするとすれば、おそらくマイクロソフトのホロレンズを追従する形になると思われます。

最後に

今回発表された「ARKit」が動作する条件は、A9以上のプロセッサを搭載する全てのiOS端末です。ということは、新しく出るスマートグラスも、Aシリーズのプロセッサを搭載していれば、そのままiOS向けのARアプリを動かすことができる可能性があります。そうなれば、グーグル翻訳のリアルタイム翻訳や、ポケモンGOをハンズフリーで楽しめるようになるかもしれませんし、もっととんでもなくすごいことができるようになるかもしれません。ARスマートグラスがあればどんなことができるようになるのか、私たちの生活はどう変わっていくのか、想像するとワクワクしてきますね。

Ads by Google