Apple TVの操作方法!動画再生中のSiri Remoteの使い方

2017年6月14日
[最終更新日]2017年08月03日

Apple TVは第4世代からSiri Remoteに対応しました。それにともなって、動画の再生中にできる操作も増えています。ところが、意外とSiri Remoteの使い方をマスターできていない人も多いかもしれません。恥ずかしながら、私も1年以上使っていながら最近まで気づかなかった操作もありました。そこで今回は「Apple TVの操作方法」についてご紹介します。

Ads by Google

Apple TVの操作方法

今回ご紹介するのは、Apple TVの動画再生中におけるSiri Remoteの6つの操作です。Apple TVにはチュートリアルのようなものがないので、意外とSiri Remoteの使い方を把握せずに使っている人も多いのではないでしょうか(私もそうでした)。ではApple TVの操作を見ていきましょう(参考: Siri Remote や Apple TV Remote を使って Apple TV (第 4 世代) を操作する)。

Apple TVの操作方法1. 再生/停止

1つ目のApple TVの操作方法は、最もオーソドックスな「再生/停止」の操作です。これは、「①タッチサーフェスをクリックする方法」と、「②再生/一時停止ボタンをクリックする方法」の2通りがあります。どちらも同じ機能なので、使いやすい方を利用しましょう。

2. 早送り/巻き戻し

2つ目のApple TVの操作方法は、「早送り/巻き戻し」です。これもとてもシンプルで、タッチサーフェスの右半分を長押しすると早送り、左半分を長押しすると巻き戻しになります。そして指を離すと止まります。第3世代以前のApple TVのような、速度を段階的に切り替える機能はありません。

3. 10秒スキップ/バック


3つ目のApple TVの操作方法は、「10秒スキップ/バック」の操作です。地味に便利な機能なので、早送り/巻き戻しよりもよく使うかもしれません。やり方は、タッチサーフェスの右半分をクリックすると10秒スキップ、左半分をクリックすると10秒バックになります。ちなみに右上・左上の隅をクリックするとより押しやすいです。

4. シーク


4つ目のApple TVの操作方法は、「シーク」です。Siri Remoteでは、iPhoneやiPadのようにバーを操作してシークすることも可能です。やり方は、まず動画を「①一時停止」します。そしてタッチサーフェスの上を「②左右にスワイプ」することで、タイムラインのバーを好きな位置へ移動させることができます。時間が長い動画を見るときに重宝される機能です。

5. Siri

5つ目のApple TVの操作方法は、「Siri」です。Siri Remoteの名の通り、Siriを使って音声コントロールすることもできます。やり方はSiriボタンを長押しして、話しかけるだけです。動画再生中の主なSiriコマンドは以下の通りです。

  • 〜秒(分)スキップ/バック
  • 字幕をオン/オフにして
  • 言語の切り替え

6. 情報の表示

6つ目のApple TVの操作方法は、「情報の表示」です。動画の音声や字幕の言語を切り替えるためには、動画の情報を表示する必要があります。やり方は、Siri Remoteのタッチサーフェスを上から下へスワイプするだけです。すると、「情報」、「字幕」、「オーディオ」などのメニューが表示されるはずです。後はお好みの設定に変更しましょう。字幕がない動画の場合は、項目が表示されません。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は「Apple TVの操作方法は」についてご紹介しました。今回紹介したのは、tvOS10におけるApple TVの動画再生中のSiri Remoteの操作です。Siri Remoteの操作はあまり直感的ではありませんが、拡張性が高いので慣れていけば快適に使えるようになります。Apple TVの操作は、もしかすると今後のアップデートでより使い勝手が良いように変更されていくかもしれません。Apple TVとSiri Remoteの今後の進化に期待しましょう。

Ads by Google