「WWDC 2017」では結局何が発表されるのか?予想まとめ

2017年5月13日

2017年6月5日(米時間)から開催される、毎年恒例のアップルのイベント「WWDC」ですが、なんと今回のイベントでは、待望のApple TVの「Amazonプライムビデオ」対応と、前々から噂されていた「iPad Pro 10.5インチ」が発表されるのではないかと話題になっているようです(参考: CNET Japanギズモード)。さらにアマゾンエコーのような「Siriスピーカー」が発表されるという噂もあり、今年のWWDCは例年以上に目が離せないものになりそうです。

Ads by Google

Amazonプライムビデオが遂にやってくる?

日本でも大人気の動画ストリーミングである「Amazonプライムビデオ」ですが、なぜかApple TVには今まで対応していませんでした。これはアマゾンとアップルの両社の間でなんらかの合意が得られなかったためとされていますが、今回ようやくApple TVへの供給が決まったようです。すでに対応を待ちきれずに、Apple TVとFire TV Stickの二刀流使いをしている人も多いと思うので、これは朗報ではないでしょうか。また、アマゾンのストアから2015年に削除された「Apple TV」も、今回の対応を機に戻ってくるのか注目が集まっています。

アップルはApple TVをそれほどプッシュしているわけではないので、おそらくWWDCでは「そういえば対応したよ」くらいにサラッと触れられる程度かもしれません。しかしながら、以前にはアマゾンからFire TVの責任者を引き抜いてApple TVの宣伝を任せるという話もあったので(参考: IT Pro)、よりApple TVを売るために何かテコ入れを行う可能性はあります(値下げして欲しい)。

Ads by Google

iPad Pro 10.5インチがやってくる?

元々は3月に発表されると言われていた「iPad Pro 10.5インチ」ですが、ここにきてWWDCで発表されるのではないかという報道が出始めたようです。情報源はアクセサリーメーカー「Urban Armor Gear」がiPad Pro 10.5インチのケースを新たに用意していることからきています(参考: 9to5Mac)。このケースの登場の時期がWWDCと近いため、イベントで発表されるのかという憶測が広がったようです。

あくまでケースが作られているだけなので、本当に登場するかどうかは定かではありません。例年のWWDCでは、OSやアプリケーションなどの「ソフトウェア」の話題が中心に発表され、ハードウェアが発表されたのは2013年の「MacBook Air」、「Mac Pro」が最後です。そのため、「ワンチャンあれば発表される」くらいに思っておいた方がいいかもしれません。

Ads by Google

その他の予想

その他にWWDCでの発表が予想されているものに「iPhone SE2」があります(参考: iPhone Mania)。ただしこれはリーク画像が加工されている可能性があり、いわゆるガセ情報の可能が高いとのことです。また、例年では9月発表の新型iPhone(7S、8?)もフライングで発表されるという噂もあります(参考: GGSOKU)。ソースはイギリスのJP Morganですが、あまり期待しない方がいいかもしれません。そしてアマゾンエコー対抗の「Siriスピーカー」が50%以上の確率でやってくるという話もあります。この分野はアマゾンにすっかり先行されているので、追従のためにどんな製品に仕上げてくるのかに期待です。また、以前より「AR/MR製品」の開発が噂されていたので(参考: Mogura VR)、何らかの発表があるかもしれません。iOS11で新たにAR関連の機能が追加される可能性もあります。予想されている情報はこのくらいでしょうか。

Ads by Google

最後に

2016年のWWDCでは、「iMessageがアンドロイドに対応する」と大々的にリークされましたが、結局対応はありませんでした。このようにネットニュースで報道された予想には外れることが多々あるので、「あれが発表されるのかも」と、楽しむつもりで期待するのがちょうどいいのかもしれません(予想している時が一番楽しいという説もあります)。iPhoneもiPadもMacも、OSレベルではこれ以上進化するところがないほど成熟してきているので、iOS11や新しいmacOSにはワクワクするようなサプライズは少ないかもしれません。やはりアップルファンを驚かせるためには、Apple Watchの劇的な進化や、全く新しいSiriスピーカーAR/MRデバイスの登場に期待されます。今年も深夜2時にアラームをセットして、淡い期待を抱きながらイベントに参加しましょう。

ウェブサイト: アップル – WWDC17

Ads by Google