サムスンのGalaxy Tab S3が登場。iPad Proに対抗?

2017年2月27日

サムスンはスペインで開催されているMobile World Congressにて、自社の新製品である「Galaxy Tab S3」を発表しました。この新製品はタブレット端末である「Galaxy Tab S2」の後継機となる機種ですが、前機種と比べて内部スペックが向上しているだけではなく、新たに専用スタイラスと着脱式キーボードに対応したのが大きな特徴です。競合する「Surface Pro」や「iPad Pro」に対抗すべく、新たに2in1タブレットの市場に参入するようです。

Ads by Google

Galaxy Tab S3のスペック

まずはGalaxy Tab S3のスペックを見ていきましょう。

  • 9.7インチ sAMOLEDディスプレイ(2,048 × 1,536)
  • 237.3 × 1,690 × 6.0 mm
  • Wi-Fi (429g)、LTE (434g)
  • バッテリー容量6,000mAh
  • 4つのスピーカー搭載
  • 13MP(リア)、5MB(フロント)カメラ
  • RAM4GB
  • ROM32GB
  • USB-C
  • Android N搭載

画面サイズと解像度は9.7インチのiPad Proと全く同じです。ディスプレイはOLEDを採用しており、HDRにも対応していることからiPad Proよりも高性能かもしれません。大きさは縦・横・厚さいずれもiPad Proより数ミリ小さく、重量も数8〜10グラムほど軽くなっています。そして、iPad Proと同じく4つのスピーカーを搭載するなど、全体的にiPad Proを意識し、対抗したような作りになっています。

Ads by Google

専用スタイラスを用意

Galaxy Tab S3は新たに専用のスタイラス、「S Pen」を用意し、Apple Pencilに対応しているようです。S Penは4096の圧力を感知できるとのこと。iPad ProやSurface Proと比べて、どこまで書き心地が良いのか気になるところですね。

Ads by Google

専用キーボードも用意

さらにGalaxy Tab S3には、着脱式のキーボードまで用意されています。ここまでくると、iPad Proをパク…参考にしているのがよく分かりますね。Galaxy Tab S3の専用キーボードは、アップルのSmart Keyboardよりも固さがあり、クリック感が強そうに見えます。

Ads by Google

新2in1タブレットの三つ巴が始まる?


今回のGalaxy Tab S3の参入によって、Windows、iOS、Androidという3つのOSにおける「新2in1タブレット」の三つ巴戦争が幕を開けました。キーボードとスタイラスに対応した「新2in1タブレット」は従来のPCでもタブレットでもない、新しいジャンルとして位置付けるのが正しいのかもしれません。中でもAndroidは、この2in1系デバイスの参入に出遅れている感があったので、ようやく選手が揃ったという印象です(一応Pixel Cというのがありましたが)。

果たして「Windows」はPC王者の地位を守り続けられるのか、それともタブレットの王者「iPad」が覇権を握るのか、はたまたスマホ界の絶対王者「Android」が2in1の新型タブレット市場までをも支配してしまうのか、今後の展開が楽しみですね。

Ads by Google

最後に

皆さんもご存知の通り、PCの販売台数は年々減少しており、PC市場は衰退の一途を辿っていると言われています。このままではライトユーザーはPCを買わなくなると危惧されていますが、そんなPCに変わって伸びているのが、この2in1の新型タブレット市場です。この着脱式のキーボードとスタイラスを持った”全く新しいコンピュータ”は、衰退するPC市場に取って代わるのではないかと期待されています。これまではマイクロソフトの「Surface Pro」、アップルの「iPad Pro」が市場を牽引していましたが、そこにスマホ界の雄であるサムスンの「Galaxy Tab S3」が参入したことで、より市場が盛り上がりを見せるでしょう。2in1型は手書き文字入力ができる「スタイラス」を備えているので、教育機関に導入されていくことにも期待です。これからどんな素晴らしい2in1デバイスが登場するかと思うとワクワクしますね。

Ads by Google