フィンランドでベーシックインカムの実験開始!時代が変わるのか

2017年1月20日
[最終更新日]2017年02月18日

2017年の1月1日より、フィンランドで「ベーシックインカム」の試験導入が始まりました。その内容は、ランダムに選んだ失業者2,000人に対して月約6万8,000円を支給するものです。フィンランドは最終的に複雑化している現在の社会保障を廃止して、ベーシックインカム一本に統一し、国の負荷を減らしていきたい考えのようです(参考: NewsWeek)。また、これからの時代は、世界中においてAIやロボット技術の進歩による失業者の急増が予測されており、そのための対策が日夜議論されています。そしてベーシックインカムの導入はその対策の一つとして注目されており、今世界中がフィンランドの動向に注目しているわけです。

Ads by Google

ベーシックインカムが始まったらどうなる?

では実際にベーシックインカムが世界各国で導入されていけば、私たちの生活はどう変わっていくのか考えてみましょう。ポジティブな面とネガティブな面の両面から見ていきましょう。

ポジティブな見方

皆んな好きなことをして生きていける

これは最もポジティブな見方です。ベーシックインカムが導入されて、国民全員が一定の所得を得られるようになれば、誰しもが好きなことをして生きていけるというわけです。これはちょうど大学生活のような状態に近いのかもしれません。大学は労働が強制されていない特殊な環境なので、研究に没頭している人もいれば、毎日遊び呆けている人もいます。そして中には起業して新しいビジネスを生み出す人もいます。このように大学生には色んなタイプの人がいるのです。もしベーシックインカムが導入されて、無理に働かなくてもよくなれば、色んな意味で皆んなが好きなことをして生きていけるようになるというわけです。

ブラック企業や過労死がなくなる

そしてもちろんベーシックインカムが導入されれば、労働は強制されるものではなくなります。仕事が苦痛なら無理に働く必要はありません。そうなれば今日本で大問題になっているブラック企業問題もおのずと消えるでしょう。また、疲れたらその時点で休めばいいので、過労死することもなくなるはずです。少なくとも、仕事が楽しすぎて働き過ぎてしまうことはあっても、強制的に長時間働かされることはなくなるのです。これはいい面なのかもしれません。

Ads by Google

ネガティブな見方

ギャンブルなどにつぎ込んで破産する人が急増する

人間は完璧な生き物ではありません。ベーシックインカムが導入されて毎月お金が入ってくるようになると、そのお金を全額ギャンブルに突っ込む人が出てくるかもしれません。カジノには毎日ギャンブル依存症の人で溢れて、破産する人が続出するかもしれません。そしてギャンブルで破産した人が増えると、犯罪に走る人が現れて治安が悪化することになるかもしれません。

労働意欲がなくなって誰も働かなくなって社会崩壊する?

また、ベーシックインカムが導入されて働く意味がなくなれば、ひょっとしたら誰も何もしなくなるのかもしれません。警察官や消防士の人たちが「割に合わない」と言って、一斉に辞職するかもしれません。また、企業で働く人たちも働くのがバカらしくなって仕事を辞めてしまう可能性もあります。そうなると、新しい技術や医療の開発などもストップして、人類の進歩がそこで止まってしまうことになるのかもしれません。AIやロボットが人類全ての仕事を代用することはさすがに不可能なので、一定数の人間が働かないと社会制度が崩壊してしまうことになります。これは最悪のケースですね。

Ads by Google

最後に


「ベーシックインカムが導入されるとどうなってしまうのか」という問いかけには、実際にやってみなければ分からないとしか言いようがありません。ベーシックインカムの導入は見事に成功するのかもしれませんし、逆に人類最大の失敗して後世に語り継がれることになるのかもしれません。もし、ベーシックインカムを成功させたいなら、現代人の「働かなければならない」という思考から、「働きたい」という思考へとシフトしていく必要があります。人は何もすることがなくなると暇で死にそうになるので、各々が好きな仕事をして人類を進歩させていきたいと思うようにならないといけません。まずはそのような労働に対する「思考」のあり方を変えることが、ベーシックインカム成功への第一歩なのかもしれませんね。

Ads by Google