Apple Pencil2がまもなく登場!? 新型に望むこと

2017年1月22日
[最終更新日]2017年02月24日

2015年にiPad Proと同時に登場したのが「Apple Pencil」でした。Apple PencilはiPad Pro向けに作られたアップル初の純正スタイラスで、その性能はプロのイラストレーターも唸るほど、完成度が高いようです。そんな大好評のApple Pencilに、早くも次世代機が登場する噂が出てきました。「iPhone Mania」の記事によると、新しいApple Pencil2は、2017年の春に新型iPad Proと同時に発売になるかもしれないとのことです(参考: iPhone Mania)。そこで今回はApple Pencil2が本当に出るとしたら、こんな機能や改善を追加して欲しい、という願望をまとめてみました。

Ads by Google

Apple Pencil2に望むこと

ワイヤレス充電

現状のApple Pencilでは、充電する際はキャップを外してライトニング端子をiPadに突き刺すか、ライトニングケーブルにアダプターを付けて充電するしか方法がありません。正直どちらの方法も面倒ですし、キャップもすぐになくしてしまいそうです。理想はやはり、Apple Watchのように磁石でくっ付けて充電するか、Qiのようなワイヤレス充電ができれば最高です。2では対応してくれるかもしれませんね。

ワイヤレス同期

現状のApple Pencilは、同期(ペアリング)する際にライトニング端子をiPadに突き刺す必要があります。これが見た目的にとても不恰好なので、Air Podsのように何らかのスマートな同期方法があるといいですね。キャップ部分をボタン式にして、カチッと押すと同期(ペアリング)モードになる仕様の方がいいのかもしれません。アップルはもっと適切なやり方を採用してくれるのかもしれません。

複数デバイスでの利用

現状のApple Pencilは、1台につき1つのApple Pencilしか同期できない仕様です。ところが、実際にプロのイラストレーターの方に、iPad Proを2枚使って絵を描いている方がいます。もし1つのApple Pencilを、Air Podsのように複数のデバイス間を行き来できるようになるとさらに使い方が広がりそうです。iPad Proを何枚も並べて、巨大なキャンバスのような使い方ができるようになるかもしれませんね。

レイテンシーのさらなる改善

現状でもApple Pencilのレイテンシーはかなり少なくて優秀ですが、さらにパワーアップしてゼロ遅延に近づくことに期待です。今よりもさらに物理的な鉛筆に近づくと、もはや鉛筆はいらなくなるのかもしれません。そうなれば、デザインや芸術分野における採用も広がるかもしれませんね。

軽量化

現状のApple Pencilは20.7gと、ペンとして見た場合少し重いです。技術の改善などでもう少し軽くなるとベターかもしれません。

現行モデルの値下げ

Apple Pencil2の登場で、現行モデルが値下げされることに期待です。値下げして入手しやすくなると、教育機関や職場利用などに積極的にApple Pencilの利用が増えるかもしれません。これからApple Pencilを使ったペーパーレス化が増えていくことに期待ですね。

Ads by Google

最後に


Apple Pencil2が本当に出るかどうかはわかりませんが、最近のアップルは「Apple Pencil」や「AirPods」のような優れた周辺機器を開発していてとても良いと思います。Apple Pencilはこれまでペンタブ界の王であった「ワコム」を超えたとの声も上がっているほど、大変評価の高い製品です。もし本当にApple Pencil2が出るなら、iPad Proはプロのイラストレーション制作におけるスタンダード的な位置を獲得することができるかもしれません。Apple Pencilが、ディズニーピクサーなどのプロの現場に採用される日も近いのかもしれませんね。

Ads by Google