匂いに取り憑かれた男の哀しき物語「パフューム」

2016年10月13日
[最終更新日]2016年12月13

あらすじ

パリ郊外で発生する不可解な連続殺人事件。それらは一貫して若い女性が狙われるものだが、暴行の形跡は見当たらない。一体犯人の目的とは何なんのか…

原作は1,500万部のベストセラー

この映画は、ドイツ人作家パトリック・ジュースキントの小説「香水 ある人殺しの物語」が元になっています。この小説は46か国語で訳され、世界1,500万部を超える大ベストセラーとなりました。

哀しき男の物語

主人公のジャン=バティストは、強烈な嗅覚を生まれつき持ち、いい匂いも悪い匂いも嗅ぎ分けられる天才でした。ある日彼は究極の匂いを追い求めるようになります。そしてそれを保存したいと考えるようになりました。彼がそこまで匂いに拘るのは、彼には匂いがなかったからです。匂いを持たない彼は誰かも愛されませんでした。だから必死になって匂いを留めようとしたのです。

Netflixでパフューム ある人殺しの物語を観よう

Ads by Google