アップルの工場「Foxconn」は無人化へ向かう

2016年10月8日
[最終更新日]2016年12月13日

「アップルの工場」と聞くと、従業員が死亡するニュースがあったりと、かなりブラックな環境であることが予想されています。そんな中国にある、アップルの工場は「Foxconn」という会社が請け負っているのですが、現在ロボットの導入を進めて着々と無人化に向かっているようです。

Ads by Google

新たに4万台のロボットを投入

DIGITIMESによると、Foxconnは新たに4万台のロボットを投入し、無人化の範囲を広げるとのこと。ちなみにFoxconnは、アップルのみならず、サムスンやHPなどの組み立ても行なっている、まさに現代の世界の工場とも言えます。あと数年経てば工場から人がいなくなる日がやって来そうですね。

Ads by Google