今すぐ泣ける!ネットフリックスの超感動おすすめ映画作品6選!!

2016年10月17日
[最終更新日]2017年08月01日

今回はネットフリックスで配信されている映画作品の中から、感動のおすすめ映画作品を6つご紹介します。紹介する映画作品はいずれもネットフリックス内でも星4つ以上を獲得している名作ばかりです。それでは参りましょう。

Ads by Google

ネットフリックスの感動傑作映画作品6選

① 言語学者がアルツハイマーになった結果… 「アリスのままで (Still Alice)」

公開: 2014年、監督: リチャード・グラファー、主演: ジュリアン・ムーア
第87回アカデミー賞 主演女優賞 受賞

IMDb 7.5/10 ヤフー映画 3.7/5

あらすじ

アリス(ジュリアン・ムーア)はコロンビア大学の言語学教授。彼女の研究や著作は多くの人に読まれ、全米中を飛び回って公演をするなど彼女は輝かしい人生を送っていた。私生活でも三人の娘に恵まれ、側からみれば誰もが羨む成功者であっただろう。悲劇は突然始まる。ある日の公演でいつものように話す彼女、その日はどこかおかしい。「言葉」がいつものように浮かんで来ないのだ。それだけではない、走り慣れたはずのジョギングコースで突如方向が分からなくなってしまった。こんなことはあり得ないはずだ…。不安になった彼女が病院で下された結果は「若年性アルツハイマー病」であった。言語学の教授がアルツハイマーになるとはなんという皮肉だろうか…。今まで「言葉」を操ってきた彼女が、今度は「言葉」に翻弄されてゆくのだ。

見どころ

監督リチャード・グラファーは今作が遺作となった。博識であるアリスが徐々に知性を失っていく様を見るのは居たたまれない。特に物語中盤において彼女が自宅トイレの場所が分からずに失禁していまうシーンには、重い鉄の槍を突き刺された気分になった。またタイトルの「アリスのままで」は同年の某ヒット作のフレーズと混同しがちであるが、原題を考慮すると「アリスであり続ける」や「まだアリスである」という解釈が正しい。知性を失ってもパーソナルな部分は変わらないということだろう。そして彼女が生き方を肯定しなかった三女に救われてゆくという対比構造にも注目。

Netflixでアリスのままでを観よう

② 幸せって何だっけ?「天使のくれた時間 (The Family Man)」

公開: 2000年、監督: ブレット・ラトナー、主演: ニコラス・ケイジ

IMDb 6.7/10 ヤフー映画 4.1/5

あらすじ

ある若き日、ジャック(ニコラス・ケイジ)はウォール街を目指すために恋人に別れを告げた。そして文字通りウォール街で成功を収めた彼は全てを手に入れた。彼自身もそう思っている。ある日スーパーで強盗に出くわした彼は、強盗を説得し更生するように諭す。強盗はただ「これから起きることはあんたが招いたことだ」と言って立ち去る。翌朝ジャックが目覚めと全てが変わっていた。隣で寝ているのはかつてウォール街に行くために「別れた彼女」でどうやらその女と結婚しているようだった。しかも子どもいる。住んでいる場所も、職業も変わっていた。ジャックは悪夢だと思った。全てが元に戻ることを望んだ。もう一度ウォール街の高層マンションに住みたいと思った。しかし生活を続けるうちに彼の心情は大きく変わってゆく…。田舎暮らしも自動車屋の仕事も悪くなかった。何より子どもたちが彼を満たしたのだ。だがその暮らしもタイムオーバー。彼がある朝目覚めると元のウォール街の暮らしに戻っていた。彼は全てを失ったと感じた。そして彼はある決断をする。

見どころ

邦題は安っぽいが内容は一級品。原題の「The Family Man (家庭的な男)」とはもちろんジャックのこと。人生をやり直すためにタイムスリップする映画はよくあるが、成功者が庶民に憧れるタイプは珍しい。おそらくITバブルの崩壊があった90年代末の思想を反映したもので、幸福の条件は金持ちになることではないと伝えたかったのだろう。また劇中で妻ケイトの発する言葉が名言すぎる。妻は田舎での今の暮らしを「偉大なる成功物語」と呼び、ニューヨークでマンションを手に入れようやく理想の暮らしができると言うジャックに対して「もう十分恵まれてるわ」と返すケイトには鳥肌が立った。金持ちになることに躍起になっている人間を全て論破するかのような一言だ。

Netflixで天使のくれた時間を観よう

③ 文句なしの傑作「フォレスト・ガンプ (Forrest Gump)」

公開: 1995年、監督: ロバート・ゼメキス、主演: トム・ハンクス
第67回アカデミー賞 作品賞/監督賞/脚色賞/主演男優賞/編集賞/視覚効果賞 受賞

IMDb 8.8/10 ヤフー映画 4.2/5

あらすじ

フォレスト(トム・ハンクス)はIQが平均より低い子どもだったが、彼の母は彼を並みの学校へ入学させた。彼の周りではいつも不思議なことが起きた。この物語は彼の奇跡を追随するものである。

見どころ

原作はウィンストン・グルームの小説「フォレスト・ガンプ」であるが、内容は8割方書き換えられている。この映画はフォレストの生まれた1950年代から当時のアメリカを追体験できるようになっている。エルヴィス・プレスリーやジョン・F・ケネディ、ベトナム戦争、ジョン・レノン、中国との国交正常化など実際に起こった出来事や人物が映画に登場する(もちろんフォレスト・ガンプという人物はフィクションだが)。フォレストの人生は成功に満ちたものであったが、これは知能指数が人生における成功と因果関係がないことを伝えている。またアラン・シルヴェストリの音楽も素晴らしい。この映画のサウンドトラックCDは世界で1,800万枚売れた。余談であるが劇中に登場する店「ババ・ガンプ・シュリンプ」は大阪USJのユニバーサル・シティ・ウォーク(園の外)にある。

Netflixでフォレスト・ガンプを観よう

④ 映画史の最高傑作「ショーシャンクの空に (The Shawshank Redemption)」

公開: 1994年、監督: フランク・ダラボン、主演: ティム・ロビンス

IMDb 9.3/10 ヤフー映画 4.6/5

あらすじ

アンディ(ティム・ロビンス)は真面目な銀行員だったが、ある日妻殺しの冤罪として逮捕され投獄されてしまう。ショーシャンクの刑務所に入った彼はレッドとその仲間たちと親しくなるが、ホモの囚人に目をつけられ恐怖の日々を過ごす。行員時代のスキルを活かし看守に気に入られたアンディはホモ囚人からは解放されるが、その後彼の妻殺し(冤罪)の真相を知る新入りが口封じのために看守に殺される。怒りに満ちたアンディはついに決意をする…。

見どころ

映画史上の最高傑作と言われる作品である。原作こそ巨匠スティーブン・キングだが、この映画は公開時に全くヒットしなかった。その後ビデオレンタルで人気に火がつき口コミで評判が広がったことで有名になった。この映画のテーマは「希望」。希望を持たなければ人は死んでしまうということだ。映画の舞台は刑務所だが、見る人は自身の置かれている状況に置き換えてみて欲しい。あなたの人生に「希望」はあるだろうか。死ぬのに忙しくなっていないだろうか。

Netflixでショーシャンクの空にを観よう

⑤ こんな映画他にはない!「エターナルサンシャイン (Eternal Sunshine of the Spotless Mind)」

公開: 2004、監督: ミシェル・ゴンドリー、主演: ジム・キャリー
第77回 アカデミー賞 脚本賞 受賞

IMDb 8.3 ヤフー映画 3.7/5

あらすじ

ジョエル(ジム・キャリー)は目覚めの悪い朝を迎えた。彼はなぜか会社へ向かう電車の途中で無性に海へ行きたくなった。理由はわからないが彼の本能がそうさせたのだ。海辺を歩くジョエルは一人の女性を見つける。気にはなるがシャイな彼は話しかけることができない。その後電車で彼女に話しかけられたジョエルは一気に仲良くなる。まるで以前から知っていたように。彼らはこの後お互いに関する衝撃の事実を知ることになる。

見どころ

秀逸なストーリーで伏線回収が素晴らしい。王道の恋愛映画に飽きてしまった人にお薦め。この映画は今まで全く見たことのないアプローチ法であなたを虜にするだろう。初見ではおそらく先が全く読めない、ストーリーを追いかけるだけで精一杯だ。まるで主人公のジョエルのように物語の展開を追うことになる。全ての謎が解けるのは物語の中盤以降。その謎が解けたときあなたは必ず満足するだろう。デジタル社会になってデータは簡単に削除できるようになったが、忘れてはいけないものもある。

Netflixでエターナル・サンシャインを観よう

⑥ 超王道ラブストーリー「きみに読む物語 (The Notebook)」

公開: 2004年、監督: ニック・カサヴェテス、主演: ライアン・ゴズリング、レイチェル・アン・マクアダムス

IMDb 7.9/10 ヤフー映画 4.1/5

あらすじ

「ノアとアリーは恋に落ちた。それは10代の一夏の出来事であった。しかし彼らの愛は永遠には続かない。ノアは木材工場で働く庶民、アリーは資産家の娘、住む世界が違ったのだ。アリーはニューヨークへ行きノアとは離れる。やがて彼女は新しい恋人(資産家の息子)をつくり婚約。結婚式を控えていたある日新聞でノアのことを知る。ノアの村に戻ったアリーは時の針を戻したように再び恋に落ちたのだ…。」そんな物語を読む一人の老翁がいた。彼は認知症の老婆に何度も同じストーリーを読み聞かせる。彼らの関係とは…?

見どころ

王道純愛ストーリーの金字塔。序盤のイチャイチャシーンに胸焼けするかもしれないが、後半からの展開にどんどん引き込まれていく。恋人たちが困難を乗り越えて結ばれるというストーリーは散々古い尽くされたものだが、「きみに読む物語」には退屈さは感じない。それを支えているのはやはり劇中で物語として語られているからだろう。「物語の中の物語」として語ることで陳腐さを感じないのだ。あまりにも綺麗にまとめられたストーリーでも、それは老翁が都合よく書き換えたと解釈できる。そしてこの映画の本題は「物語」が閉じられた後だ。老翁と老婆の間に起きた奇跡こそこの映画の真の物語である。

Netflixできみに読む物語を観よう

最後に

いかがでしたでしょうか。今回紹介した作品はいずれもハズレなしの名作ばかりです。皆さんもネットフリックスで感動作品を見てみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もオススメです!: ネットフリックスのおすすめ映画作品100選!今すぐ見よう

Ads by Google