これは便利!iCloudを使ってパソコンの写真をiPhoneに一発転送しよう。

2016年10月23日
[最終更新日]2016年12月13日

みなさんはiCloudを使っていますか?「聞いたことはあるけど、なんだかよくわからない」という方も多いかと思います。実はこのiCloudを使えば、パソコンに撮りためたたくさんの写真を一発でiPhoneに転送することができてしまいます。今回はその方法をご紹介します。

Ads by Google

下準備

① iCloudの容量を確保しよう

iCloudには無料で5GBの容量が提供されていますが、おそらく一瞬で満杯になってしまいます。そのため、まずはiCloudの容量を購入しましょう。1番安い月額¥130(50GB)のものを買えば大丈夫です(50GBで足りない方はその上のプランを)。課金には抵抗があるかもしれませんが、月額¥130、年間でも¥1,560です。たったこれだけで全ての写真やアプリのデータがバックアップできるようになるので、そう考えればかなりお得です。ある日突然iPhoneを紛失したり、壊れたりしてもデータは全てiCloudにバックアップされるので安心です。

「設定」 → 「iCloud」を開きます。

img_1730

容量」を選択します。


ストレージプランを変更」を選択。


50GB 月額¥130」を選択して、右上の「購入」を押せば完了です(毎月¥130の請求がくるので注意してください)。また、50GBでは足りない方はそれより多い200GBなどを購入してください。

② iCloudフォトライブラリをオンにする

次にiCloudフォトライブラリをオンにします。これによってあなたの写真をiCloudにフルバックアップすることができるようになります。


「設定」から「iCloud」を開きます。
写真」を選択します。


iCloudフォトライブラリ」をオンにします。これで完了です。

iPhoneに写真を追加するたったの3つのステップ

ここまで準備ができれば、後は超簡単です。


① パソコンのブラウザで「iCloud.com」を開き、サインインします。
②「写真」を開きます。
③モーメントに追加したい写真をドラッグ&ドロップすれば完了です。形式はJPEGのみに対応しています。

いかがでしたか?とっても簡単ですよね。もはやパソコンにUSBケーブルを接続したり、面倒なことをする必要はないのです。ただ写真をドラッグ&ドロップするだけでiPhoneに一発で追加できるのです。これでこれからは一眼レフやデジカメで撮った写真もバンバンiPhoneに追加できます。次の旅行が楽しみになりますね。

Ads by Google