あのソニックがApple TVでプレイできる!

2016年7月13日

皆さんソニックをプレイしたことはありますか?実はソニックというキャラクターは知ってるけど、ゲームはやったことがないという人も多いのではないかと思います。そんなソニックがこの度Apple TVでプレイできるようになりました。ソニックはもともとスマホ向けに移植されていたのですが、タッチで操作しないといけないし、なにより画面が小さくて迫力に欠けていました。今回Apple TVで登場したことによって、大画面でしかもゲームコントローラーでソニックをプレイできるようになったというわけです。

Ads by Google

ソニックの始まり

ソニック・ザ・ヘッジホッグは1991年にセガがメガドライブ向けに発売しました。ソニックはマリオのような横スクロール型アクションゲームなのですが、当時画期的だった高速で走ることができるスピード感が人気を博し、全世界で累計1500万本を超える大ヒットになりました。グラフィックも綺麗で、ソニックのキャラクターも人気になります。特にアメリカではマリオに匹敵するほどの人気ぶりで、今なお根強いファンが多いのです。

ソニックがApple TVでプレイできる

sonic01

そんなソニック・ザ・ヘッジホッグが2015年にApple TV向けにリリースされました。基本的には2007年にリリースされたiOS版と同じなので、iOS向けの追加要素もちゃんと搭載しています。大画面でいつでもソニックをプレイできます、もちろんゲームコントローラーにも対応しています。

難易度は高め

sonic02

実は私ソニックは初プレイなのですが、序盤から死にまくりました。昨今のアプリゲームに慣れてしまっていると、微妙な操作感が掴めなくて敵にやられまくります。とは言っても、そもそもゲームというのは初見プレイでノーミスクリアなんて出来ないように作られているのでこのくらいが普通の難易度なのです。何も考えずに突っ走ると速攻で死にます。考えて、対策を練りながら進んでようやくクリアできるのが本来のゲームでした。

オリジナル版との変更点

オリジナル版からいくつか変更されている点があるみたいなのでご紹介します。

① セーブデータを記録できる

sonic03
オリジナル版ではゲームオーバーになると一番最初からやり直しだったのですが、このtvOS版ではクリアしたステージからやり直すことができます。これにより難易度が大幅に下がっているので、気軽にプレイできます。

② スピンアタックの搭載


ソニック・ザ・ヘッジホッグ2から搭載されたスピンアタックを使用することができます。オリジナル版にはなかったので使用しなくてもクリア可能です。(※正式名称はスピンアタックではないかもしれません。)

③テイルズとナックルズの参戦


テイルズとナックルズでプレイすることができます。

ゲームコントローラーをお勧め

このアプリはSiriリモートでもプレイすることができますが、左右の移動がとても難しく、これでクリアするのは難易度鬼です、あまり楽しくありません。なのでプレイする際にはゲームコントローラーの使用をお勧めします。

最後に

細部まで作り込まれていてよくできた名作です。初見の方も、かつて楽しんだ方もプレイしてみてはいかがでしょうか。

ダウンロードはこちら

SEGA「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」

Ads by Google